「ボタンの色を変えるだけでCVが改善する」は本当?

「ボタンの色を変えるだけでCVが改善する」は本当?

こんにちは!今年は2015年なのでいちご年ですね!
ということで最近いちご狩りに行ってきたホセです。

前回に引き続き入力フォーム検証その2ということで、今回は入力フォームでのボタンの色について検証を行いました。

この企業では利用可能な会員IDかを確認するためのボタンの箇所での離脱がかなり多い状態でした。

確認をしたところ該当するボタンは灰色で表示されており、ユーザからは非常に分かりづらい表示となっておりました。

そこでボタンを緑色に変更し、A/Bテストを実施致しました。

20150218_01

<結果>
期間:2週間

項目名 離脱数
ボタン灰色 ボタン緑
お誕生日 年 0 0
お誕生日 月 0 0
お誕生日 日 6 1
お客様ID 13 6
希望するパスワード 1 1

対象箇所での離脱数が灰色だと13件のところが、緑色は6件という結果となりました。

上記の結果から、ボタンには色をつけ、ユーザの目につくようなものに変更したほうが離脱は減るということが分かりました。

やはりユーザ側ではボタンが分かりづらく、離脱してしまうんですね。

もしボタンの配色等を意識していないようであれば一度試していただければ幸いです。

次回は弊社で利用する入力フォーム離脱用語に関する記事をお送りします。

コメント