「最強のチーム」を作ってみないか?

「最強のチーム」を作ってみないか?

組織の中で働くみなさんは、どんな時に「組織でヨカッタ」と感じますか?

多くの場合、組織で働くメリットとして「情報共有の強さ」や「リスク分散のしやすさ」を挙げるのではないでしょうか。

我々ショーケース・ティービーは会社という大きな組織の中で、事業部という名のいくつかの小さな組織で構成され、各々が自分のミッションを担っています。
「情報共有」を行うことで自分が経験していないことを知識として蓄えることができ、ピンチを迎えた際には「リスク分散」によって個人にかかる負荷を軽減させて困難を乗り越えてきました。

そして会社は成長を続け、組織も当然ながら大きくなってきます。
そこで求められるのは今以上に「最強のチーム」にするためのアクションです。

今回、李 在煥さんが「最強のチームづくりに必要なのは何か」を考えるためのヒントを共有してくれましたので、この場を借りてご紹介させていただきます。
<参考:クレドサクセス実践ブログ『「チームワーク」と「チームプレー」は違うもの!』>

組織の中にある「個」の力を互いに認めることで、組織として円滑に回すための「チームワーク」が生まれ、イレギュラーな事案を乗り越えるための「チームプレー」が成立します。
つまり「チームプレー」は「チームワーク」なくして成立せず、「チームワーク」は「個」を認め合わなければ生まれないというものです。

新しいメンバーの加入や、人事異動がある際には、都度お互いの「個」を確認し合うことが大切ですし、そこで生まれる今までにはない「チームワーク」がさらに「個」を伸ばし合うことでしょう。結果的に完全に新しい「チームプレー」が組織を活性化させることができるのではないでしょうか。もうそれは「最強のチーム」ですよね。

我々ショーケース・ティービーは現状に満足しているわけではありません。最高の「チームプレー」を目指すためにも「チームワーク」が大切ですし、「チームワーク」を成長させるためにも新たな「個」を必要としています。
ともに成長していきたいと考えてくれる仲間たちを募集しております。ぜひご検討を!

ショーケース・ティービー 採用情報
http://www.showcase-tv.com/recruit/

コメント