G Suiteの「Googleサイト」が意外にも使えるツールであった?

  • 2017年8月28日
  • by 
G Suiteの「Googleサイト」が意外にも使えるツールであった?
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

今回ご紹介するのはGoogleの『G Suite』です。

えっ、いまさら『G Suite』!? なんて思われるかもしれません。
それもそのはず、『G Suite』は本日8月28日で、ベータ版提供開始から11年になるんですね。

この11年の間に多くの進化を遂げています。
そこで今回は改めて思う『G Suite』の素晴らしさ、特にツール「Googleサイト」が意外に使えるツールであることを再発見しましたので、それを説いていきたいと思います。

<参照>
公式トップ:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/

「Googleサイト」の特徴

「Googleサイト」と聞けば、ウェブページを作成・編集するためのツールであることは想像できますよね。
実際、用途としてはその認識は正しいです。

しかし、特筆すべきは「Googleサイト」はプログラミングの知識がなくとも、さらにはデザインができなくとも、簡単にサイト制作ができるのです。

「Googleサイト」はできることも限られているため、凝りに凝ったサイトを作るのには不向きかもしれませんが、社内メンバーで構成されたチームに向けて作業内容・進捗を
共有するためのページといったレベルであれば、十分すぎるほどの機能を備えています。

同じ『G Suite』内のツールであれば連携も容易であり、「Googleドキュメント」で作成した資料の共有や「Googleカレンダー」の情報を掲載するといった際には便利なことこの上ないのが特徴です。

「Googleサイト」を使い始めたキッカケ

ある時、通常業務で行っている作業をマニュアル化する必要が生じました。

これまでは単純に「Googleドキュメント」などの『G Suite』で作成し、「Googleドライブ」で他メンバーに共有するということを行ってきましたが、ファイル数が増えてくると目的の資料を探し出すだけでも時間がかかってしまいます。
『G Suite』がオンラインサービスということもあり、中身を確認するのにファイルを開くにも時間を要します。
累積するとそこそこの時間が費やしてきたものと思われます。

そこで「Googleドライブ」をインデックスとして用いるのではなく、「Googleサイト」でインデックスを作成してみてはと思い、実行に至ったわけです。

「Googleサイト」の使い方

Google社も「Googleサイト」は “簡単にサイト作成ができる” ことを謳っているわけですが、実際に試してみると本当にカンタン!
以下に手順をご案内いたします。

Googleアカウントでログインした状態で「Googleサイト」を立ち上げ、[作成]ボタンをクリックしましょう。
そして任意をタイトルを付けましょう。

画面右カラムに [挿入(英語版ならINSERT)]、[ページ(英語版ならPAGES)]、[テーマ(英語版ならTHEMES)] という、タブ切り替え式のメニューがあるかと思います。

[挿入] とはテキストを書いたり、画像アップロードを行ったり、『G Suite』の他ツールとの連携設定を行ったりする場所です。
次に [ページ] は新規ページの作成、ページ追加・削除、そしてサブページを作成したり、並び替え設定などを行うところです。
最後に [テーマ] では、作成するサイトのデザインを変えられるところです。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。