「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトの更新時のみ通知を受け取ってみる

「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトの更新時のみ通知を受け取ってみる
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

前回の記事では閲覧数向上が期待できそうなキーワードの「Puppeteer」「LINE Notify」のそれぞれの解説、およびサイトのサムネイルを通知してみるといった試みを実施してみました。
<bitWave関連記事『「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトのサムネイルを通知してみる』>

まだまだ「Puppeteer」「LINE Notify」は引っ張れると思っていますので、今回もその2つを使いつつ、定期的にサイトを訪問して情報に更新があった場合にのみ、通知を受け取るといった仕組みを作ってみました。

手順1:前回作成したjsファイルを修正

本ブログ「bitWave」のトップページでは、最上部の記事が最新記事にあたりますので、これを取得するようにしてみましょう。

DOMを検索し、記事タイトルを取得できるかを確認する

さて、上記ですが「querySelector」によって、1番目の記事のa要素のDOMを取得し、そのtitle属性を取得するようにしています。
実際にjsをターミナル上で実行して見ましょう。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。