「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトのサムネイルを通知してみる

「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトのサムネイルを通知してみる
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

今回は記事閲覧数が期待できそうなキーワードを用いて、ブログを書いてみようかと思います。
そのキーワードとは……
「Puppeteer」「LINE Notify」

「Puppeteer」って何?
「LINE Notify」って美味しいの?
そんな方々もいらっしゃるかとは思いますので、ここでカンタンにご説明させていただきます。

「Puppeteer」と「LINE Notify」

「Puppeteer」とは……

最近話題の「Headless Chrome」を「Node.js」で扱えるライブラリです。

そもそも「Headless Chrome」が分からないという方にも解説すると、「Headless Chrome」とは「Phantom.js」のようなヘッドレスブラウザを指しています。
つまり、ブラウザ立ち上げなくてもブラウザを操作ができるんですね。

いやいや、例文で出された「Phantom.js」が分からない……、そんな方は過去のbitWaveをご参照ください。
<bitWave関連記事『PhantomJSでスクリーンキャプチャをとろう!』>

「LINE Notify」とは……

約一年前に登場した、LINE上でカンタンに通知が行えるサービスです。

よく「LINE bot」と比較されがちなのですが、「LINE Notify」は一方的に通知オンリーという仕様です。
機能制限がある分、実装もカンタンにでき、無料で個人宛に通知することができたり、Webと連携したりすることができたりするのが特徴です。

以下のサイトをご覧いただければ、幾分かはイメージが湧きやすいのではないでしょうか。
<参照:LINE Corporation『LINE Notify』>
<参照:LINE Corporation『LINE Notify API Document』>

サイトのサムネイルを通知で見るには……

本記事のタイトルにもありますように、今回は「Puppeteer」と「LINE Notify」を用いてWebサイトのサムネイルを通知で見れるようにしたく思います。

それでは、1つずつ順を追って解説していきましょう。

手順1「LINE Notify」を準備する

<手順1-1>
まずはLINEアプリを起動して、公式アカウントから検索で「LINE Notify」を友達追加しましょう。

<手順1-2>
「LINE Notify」管理画面でアクセストークンを取得します。
ちなみに「LINE Notify」管理画面のログインにはLINEアカウントが必要になります。
「トークンを発行する」ボタンがあるはずですので、ここでトークンを取得したら大事に保管してください。
<参照:LINE Corporation『LINE Notify管理画面』>

<手順1-3>
取得したアクセストークンで試しに送信してみましょう。
[curl -X POST -H ‘Authorization: Bearer 取得したアクセストークン’ -F ‘message=花火’ https://notify-api.line.me/api/notify] (※左右の[]は外してくださいね)

すると……

今の季節だと、花火ってワードが入っていると花火が打ち上がるみたいですね。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】
がお得です。