『新洗濯表示記号』を読み解いてみよう

  • 2016年12月2日
  • by 
『新洗濯表示記号』を読み解いてみよう
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは。M.Sです。
突然ですが、下記の記号は何を表しているかわかりますか。
 
image09 image08 image38 image12 image10

image09 と image12 で何となく想像つくかもしれませんね。

これは洗濯表示記号です。

馴染み深い洗濯記号ですが、2016年12月1日から新しい洗濯表示記号に変更されます。
これらを生まれ変わった洗濯記号を従来記号に置き換えると……

image09 は(従来)は image47

image42 は(従来)は image32 となります。

では、image08 image10 image38 はいったい何を表したいのでしょうか?

なぜ変更されるのか

これまでの洗濯表示を定めた「JIS L 0217」は日本独自のレギュレーションになっていました。
そのため、海外から輸入した繊維製品は、ISO(国際標準化機構)規格の取り扱い表示となっており、国内で販売する場合には日本独自の表示タグに付け替える必要があったのです。

しかし、2016年12月から国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取り扱いの洗濯表示タグを変更する必要がなくなったというわけです。

<参照:バーコード屋さん『洗濯表示マークの変更』>

また、洗濯記号の種類が22種類から41種類に増え、洗濯方法もより細かく情報提供されるようになります。

基本は2つの記号の組み合わせ。
新しい洗濯記号を分解してみると、「基本記号」と「付加記号」の二種類に分けることができます。

1. 基本記号

丸、三角、四角、洗濯おけ、アイロンの5つです。

■ 丸……クリーニング処理について

9種類の記号があります。
大きく分けると image10 image45 image48 の三種になります。

image10 はウエットクリーニング処理ができるという意味です。Wはウエット。
これは覚えやすいですね。
ただ、image45 と image48 は……、ちょっと分かりづらいですね。
とりあえず、丸の記号を見たらクリーニング屋さんに任せちゃいましょう!

■ 三角……漂白処理について

3種類の記号があります。

今までは漂白の記号は、image15 のように、三角フラスコみたいな形でしたが、
三角形になりました。
image08 は塩素系及び酸素系漂白剤による漂白処理ができるという意味です。
塩素系と酸素系ってあるんですね……。気を付けましょう!

■ 四角……乾燥処理について

11種類あります。多いですね(汗)

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。