『VR・ARワールド』に私が来た!

『VR・ARワールド』に私が来た!
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

どうも、夏の甲子園を投げぬくために生まれたのか、暑さには滅法強い小中高大バレーボール部のよし松です。
タイトルには大体、今ハマっているマンガの言葉をちつかせています。

今一番ホットなコンテンツといえば “VR・AR”。
猫も杓子も “VR・AR”。

去る6月28~30日、東京ビッグサイトで開催された『コンテンツ東京2017』内のイベント「先端テクノロジー コンテンツ展」に、『VR・ARワールド』なる特設エリアが併設されていました。
<参照:ライセンシング ジャパン『先端テクノロジー コンテンツ展』>

今回はそのイベントレポートをご紹介させていただきます!
その最先端技術が集まる展示会に “私が来た!”

そもそも “VR・AR” とは!?

本ブログ「bitWave」でも語り尽くされているかもしれませんが、改めてご説明を。
<参照:bitWave掲載カテゴリー『VR・AR』>

“VR” とは…

バーチャルリアリティ(仮想現実)のこと。

現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。

<参照:Wikipedia『バーチャルリアリティ』>

“AR” とは…

オーグメンティッド・リアリティ(拡張現実)のこと。

人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

<参照:Wikipedia『拡張現実』>

よし松的カンタン解釈で2つの違いを挙げるとすると、目に見えるものすべてが仮想で作られていたら “VR”、全部ではなく一部またはそれ以上現実を含んでいたら “AR” です。

具体的にいうと、映画「アイアンマン2」で新しい元素を発見するためにスタークエキスポの模型を3Dモデル化する技術は “AR”、映画「アイアンマン3」の冒頭でトニースタークが自身のトラウマ解消のために作った、過去を体験できる装置は “VR” です。
ちなみに「J.A.R.V.I.S.」は人工知能の完成形といえます。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。