『Computex Taipei』に行ってみた<後編>

『Computex Taipei』に行ってみた<後編>
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは、ノリ子です。
今回は6月6日にご紹介した『COMPUTEX TAIPEI』レポートの後編をご紹介します!
<bitWave関連記事『「Computex Taipei」に行ってみた<前編>』>

昔見た、未来からやってきたロボット

大きなブースは台湾企業が多かったのですが、ほとんどの企業ではIoTとロボットに力を注いでいる様子でした。

今回、会場内で話題の中心だったロボットはASUS社の『ZENBO』です。『ZENBO』の体験やショーの時間になると、人だかりが生まれるほど!
<参照:ASUS『Zenbo -Your Smart Little Companion』(英語サイト)>

子供の頃に見たSF映画に出てきた「家庭用ロボット」がの姿そのままに飛び出してきたようなルックス。初見であってもどこか懐かしい、そんな雰囲気を醸し出しています。
そう感じたのはノリ子だけではなかったようで、イベント中の一番人気は『ZENBO』で間違いないです!

しかし『ZENBO』は昨年リリースされたロボットのようなのですが、そこから主だった機能のアップグレードがなかったらしく、情報通の中からは「失望した」とのキビシイ声もあったようです。


家族なんでも “家族の一員” としてのコンセプトなんだそうです。

でも、どうせ人間以外の家族を増やすのであれば、ロボットよりもワンちゃんを迎え入れたいと思ってしまった “アナログ” ノリ子でした……

病院で絶賛活躍中のロボット

台湾の電子関連企業、BENQ社で開発したロボットは、とある病院で手術装備を運ぶロボットとして現在活躍中なのだそうです。

手術道具や装備は細菌の温床となりがちで、ずさんな管理体制だった場合は患者だけでなく医師に対しても感染症リスクを背負わなければならなかったそうです。それがこのロボットの導入でいくらかリスクも軽減。
今までは人間でしか対応できなかった業務が、ロボットのチカラによってが改善が図られるとは、ロボティクスの進化を感じちゃいますね!


既に台湾内の病院「彰化基督教醫院」でも活躍中のロボットがコチラ。ニュースでも話題になっているほどなんですよ!

シンプルな機構で社会問題にメス!

日本社会でも問題視される「介護問題」。それは万国共通の悩みのようです。
ノリ子にとっても気になるところで、会場内に展示された介護関連のIoT化サービスも目に入りました。
中でも気になるブースがあったのでご紹介いたします。

圧迫センサーが内蔵されているマットレスと、その圧力感知を表示するモニターというシンプルな構成のサービス。用例としては、思うように身動きがとれない患者がアクシデントでベッドから転倒してしまった際や、寝返りを確認したいといった時に、圧力感知によってモニターに状況を通知してくれるといったものです。

医療・福祉業界での人材不足は深刻な状態。24時間体制で付き添い・監視がしづらい現状を考えると、こういったシンプルな仕組みのIoT化でも役立ちそうですね。

展示ブースでは設置スペースの関係上、双方が目視できる状態にはなっておりますが、これが病院だった場合どうでしょう……。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。