『HipChat』のチャットをスレッド化するまで

『HipChat』のチャットをスレッド化するまで
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

どうも、さむらいです。
日本の夏、どこいった。

『HipChat』のチャットでスレッド(のような見た目にするアドオン)を作る

最近、社内のコミュニケーションツールが様々な理由から『HipChat』に移行されました。
<bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”HipChat”』>

しかし、これまで利用していた「Slack」ではやれていた “議題のスレッド化” ができず、話題がスパゲティ状態になってしまっていたのです。

 この課題は社内共通の課題!  

そこで何とか解消できないものかと思い、アドオンを作ってみることにしました。
まだ作り込みが甘い状態にはありますが、もう少し工夫すれば使いやすくなるところまでは到達しています。

ということで、日本語サイトでは『HipChat』のアドオン追加の解説が少なかったので、bitWaveにてご紹介いたします。

ステップ1「Roomを選ぶ」

まずはアドオンを追加するRoomを選びます。

最初はテストなので、適当なRoomを作ってみます。
(※あまりにも初歩の話なので、ここではRoomの作り方は掲載しません)

作ったRoomに入室し、右サイドバーにある「+Add Integrations」メニューをクリック。

ステップ2「アドオンを追加する」


インストール可能なアドオン一覧が表示されます。
しかし、今回は自分でアドオンを作ることになるので、上記画像の中の「Build your own integration」をクリックしましょう。


アドオン(以下、Integrationと呼びます)の名前を入力します。
ここでは “ThreadSlagger” とかにしておきます。

ステップ3「アドオンを実行するためのコマンドを追加する」


デフォルト状態では、画像下半分くらいにある「Add a command」にチェックが入っていません。
なので、これにチェックを付けます。

すると追加したいコマンド入力欄 “Enter your Slash command” と、コマンド入力時にどのURLにリクエストを送るのかを入力する欄 “We will POST to this URL” が表示されます。
ここではコマンドを「/th」、URLはサーバ側のプログラムの設置してあるURLを指定してあげましょう。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。