『iOS11』の「CoreNFC」でサンワサプライ社製のタグを読み込んでみた

『iOS11』の「CoreNFC」でサンワサプライ社製のタグを読み込んでみた
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

前回は『iOS11』新搭載の「Core ML」を試してみました。
<bitWave関連記事『「iOS11」新搭載の「Core ML」を駆使してMNISTの手書き数字認識を試してみた』>

しかし、私の『iOS11』に対する興味はこれだけに留まりません。
今回は『iOS11』で新搭載の「CoreNFC」を試してみたいと思います!

『CoreNFC』の実力はいかほど!?

前回の記事で軽く触れたとおり、ApplePay搭載端末であるiPhone(7以上が対象)で、NFCタグの読み取りができるようになりました。
早速試してみたいと、いろいろオフィスを探し回ってみたのですが、無い!!!
圧倒的に “NFCタグ” が無い!!!

モノがなければ検証もままなりませんので、仕方なくAmazonで探してみることにしました。
<参照:Amazon『サンワサプライ NFCタグ(10枚入り) 白 MM-NFCT』>

当然ながら「CoreNFC」を実装する『iOS11』はまだベータ版の段階。正式リリースは今秋を予定しています。
しかし、ご覧の商品はすでに発売されている代物です。つまり、Android対応用という感じなんでしょうね!

もちろん、メーカーが保証する対応機種・対応OS一覧の中には『iOS11』は含まれていません。
<参照:サンワサプライ株式会社『MM-NFCT【NFCタグ(10枚入り・ホワイト)】』>

本当に買ってしまって大丈夫なのか……?
そんな一抹の不安を覚えつつも、試してみたい欲求の方が勝り、Amazonでポチることになりました。
(葛藤時間:正味5秒)

審判の時 ~届いたNFCタグに命を吹き込む

そんなこんなでサンワサプライ社製のNFCタグが手元に。

比較対象としてオライリー社の缶バッジを隣においてみましたが、バッジよりもやや小さめのサイズ。
重なって10個も入っていました!

さてこのタグですが、永久磁石が貼り付けられた “家庭用磁気治療器” ではないですから、このままでは何の役にも立ちません。
つまり、何の情報も入っていない、真っさらな状態です。

このNFCタグに情報を書き込もうにも、『iOS11』の「CoreNFC」は読み取り専用となっているため、iPhoneだけでは何もできません。
ここは書き込み用にメーカー動作対象保証のされたAndroidで専用アプリを使うことになります。


NFCかんたん設定アプリ
無料
販売元:サンワサプライ株式会社

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。