『LINE Simple Beacon』を試してみた!

『LINE Simple Beacon』を試してみた!
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

最近、もっぱらBluetooth Low Energy(BLE)を用いたアプリケーションサービスを考えておりますricemanです。

なかでもLINE Beaconは私が一番期待を寄せているBLE/IOT機器なのですが、残念ながら手元にございません。

でも諦めきれない。そこでLINEの開発者サイトを調べてみると……
「2016年9月現在、一部の企業と一部の個人開発者向けのみに限定的に機能を開放しています。今後機能をオープン化していく予定です。」
<参照:LINE『API Reference』

むむ、残念…。だけど、試してみたい……。
そんなガジェット好きエンジニアのために、Raspberry PiやMac等で稼働させることができる『LINE Simple Beacon』が今年2月に公開されました。
<参照:LINE Engineering Blog『ラズベリーパイでLINE Beaconが作成可能に!「LINE Simple Beacon」仕様を公開しました』>

さぁ、実験だ!
Raspberry Pi、Raspberry Pi……。私のラズパイちゃ~ん、どこでちゅか~?
どうやら私のRaspberry Piは長い旅に出てしまった模様。
ということで、今回はMac版で試してみることにしました。

Mac版『LINE Simple Beacon』を試してみる

ほとんど上記のブログ内にていねいに説明してくれています。
念のため手順を説明すると……

<アカウント開設&モジュールのインストールを行う>
①:下記のサイトから [Messaging APIを始める] ボタンを押してください。
<参照:LINE BISINESS CENTER『Messaging API』>
 ↓
②:ログイン画面でログインおよび認証を済ませ、アカウント名と業種項目を入力し、[申し込む] ボタンをクリックしてください。
 ↓
③:Beaconのイベントを受けるためのWebhook URLを入力してください。
(※https環境が必要)
 ↓
④:Server IP WhitelistでWebhook URLのIPアドレスを入力してください。
 ↓
⑤:③で指定したURLで起動できるプログラムファイルを設置してください。
 ↓
⑥:ここからBeaconの登録を行って、HWIDを入手してください。
<参照:LINE BISINESS CENTER『LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGER』>
 ↓
⑦:Macに『LINE Simple Beacon』モジュールをインストールして完了です。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。