『Maven』でSeleniumライブラリの管理をしよう②

  • 2017年8月25日
  • by 
『Maven』でSeleniumライブラリの管理をしよう②

こんにちは。M.Sです。
前回の続編になります。
<前回のおさらい『「Maven」でSeleniumライブラリの管理をしよう①』>

なお、今回は「pom.xml」を編集し、以下のアクションをSeleniumで行ってみようと思います。

  1. Chromeを起動する
  2. Yahoo! Japanのトップページにアクセスする
  3. “パンダ” と検索する
  4. 検索結果のページに遷移する
  5. Chromeを閉じる

ちなみに “パンダ” にした理由は、以下の写真に癒されたからです!

「pom.xml」を編集する

「pom.xml」を以下のように編集します。

Seleniumライブラリ&JUnitのバージョン情報を追記しました。

Seleniumで動かす準備をする

今回の前提として、Chromeドライバーを適当なディレクトリに設置してあるものとしています。

手順1:パッケージを作成する

作成した「SampleSample Maven」プロジェクト配下にある「src」フォルダの上で以下のアクションを行います。

  1. 右クリック
  2. [新規]を選択
  3. [パッケージ]を選択

パッケージの名前を「com.html.sample」にし、[完了]をクリックします。

手順2:javaファイルを作成する

それでは次にJavaファイルを作成してみましょう。

  1. 「手順1」で作成した「com.html.sample」の上で右クリック
  2. 新規]を選択
  3. ファイル]を選択

ファイル名を「test.java」として完了をクリック。

この流れでjavaファイルを作成することができるでしょう。

手順3:「test.java」を編集する

「test.java」に以下のような記述をします。

手順4:いざ実行!

それでは実行してみましょう。

  1. 「test.java」の上で右クリック
  2. [実行]を選択
  3. [Javaアプリケーション]を選択
    1. 気になる実行結果は……

      その実行結果は以下のような感じになりました。

      ライブラリのバージョンの管理

      「pom.xml」で記載したSeleniumライブラリとJUnitのバージョンは、以下のサイトで最新バージョンを確認できます。

      <参照:SeleniumHQ『Maven Information』>
      <参照:Maven Repository『JUnit』>

      なお、バージョン変更する場合は、「pom.xml」で記載したの中身を変更してください。
      これでカンタンにバージョン変更ができます!

      これで『Maven』でSeleniumライブラリ管理がカンタンにできるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか!

コメント