【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう②

  • 2017年3月16日
  • by 
【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう②

こんにちは。M.Sです。

初心者向けSelenium講座の第2回目です。

<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう①』>

今回は対象の要素の取得、取得した要素をクリックする方法をご紹介します。

アクセスしたWebページでアクションをおこしてみよう

さっそくですが、下記の動作をSeleniumで作成してみましょう。

<テスト3>

①Chrome起動
②ショーケース・ティービーのトップページを開く
③グローバルメニュー内の [お問い合わせ] をクリックする
④ブラウザを閉じる

①、②、④のやり方は第1回講座でご紹介したものとまったく同じ内容です。

<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう①』>

今回は新たに追加された「③グローバルメニュー内の [お問い合わせ] をクリックする」を重点的にご紹介します。

<ソース(※macを使用しています)>

クリックを実行させるために、まずは対象のHTMLの要素(=Element)を取得する必要があります。

対象の要素を取得するには「findElement」を使うことになります。

「By~」の部分はロケーターと言い、HTMLの要素を特定するための方法を意味します。ロケーターにはいくつか種類があるため、要素の種類や属性の有無に応じて最適なロケーターを選択することになります。

DOM構造が変更されても、プログラムの修正がなるべく発生しないロケーターを選択することがポイントですね。

ちなみにロケーターは全部で8種類あります。