【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう⑤

  • 2017年4月24日
  • by 
【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう⑤

こんにちは。M.Sです。
今回の第5回目は、なんとこの「初心者向けSelenium講座」の最終回です。
<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう①』>
<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう②』>
<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう③』>
<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう④』>

最終回ではメンテナンスしやすいSeleniumのコーディング方法についてご紹介します。

Seleniumの弱点

第2回目の記事でもご紹介したとおり、Seleniumの弱点はズバリ “Webサイトのデザイン変更等で要素が取得できなくなる場合があること” です。
「なんでページ変更するの!!」と内心では思ってしまうこともありますが、とはいえSeleniumありきでページ変更・修正をしているわけではないというのもまた事実。

ここは慌てず、そして他人を責めず。
Webサイトの更新を想定し、プログラムの修正が少なくて済むようなコーディングを行っていくことで、被害を最小限に食い止めることが重要になっています。

ではソースを見てみましょう。

<ソース(※macを使用しています)>