おすすめ育児系アプリ3選(0~2歳児)

おすすめ育児系アプリ3選(0~2歳児)

こんにちは!
暦の上では秋ですが夏の暑さも名残惜しい宮下です。

先日、夏生まれの我が子が2歳の誕生日を迎えました。

子供が生まれて早2年、当たり前ですが第一子というのはすべてが初めてのことだらけ。
新米ママが頼りにできる情報は・・・・
今やネットの中にたくさんありました。

今日は育児中にお世話になっていた/お世話になったiphoneアプリをご紹介したいと思います。

-新生児期- 育児日記系アプリ『育ログ』

オムツ替え、授乳、入浴、睡眠、その都度育児日記に書き込むのもOKなのですが
何せ忙しい上、細切れ睡眠期間で一日中眠い、、、
そんな時にシール形式でタップするだけで記録に残せるお手軽アプリです。

『育ログ』
たくさんの機能があるものよりも、必要な項目だけ記録することができて、UIもシンプルで見やすいアプリです。

★iPhone版

★Android版

24時間のタイムスケジュールに該当する項目のシールを貼るだけ(タップ)。
飲んだミルクの量や便の柔らかさなど、細かな点も記録しておけます。
毎日記録した授乳/睡眠/体温/成長曲線などが自動でグラフ化されてわかりやすい!

赤ちゃん期は、医師などに授乳回数、排便回数を聞かれることが多いので、スマホに記録されているとその場で確認できて非常に便利でした。

また、定期的に小児科の先生たちからの「こどもの健康情報」が配信され、隙間時間に読んで勉強もできました!

-新生児期- 予防接種スケジュールアプリ『予防接種スケジューラー』


生後二か月になると、怒涛のようにはじまる予防接種です。
予防接種といってもいろんな種類のものがあり、接種回数も多く「どれを受けたか」、「いつ受けに行くか」などを把握するのが大変です。

例えば生後2ヶ月になったら
【B型肝炎①】【ロタウイルス①】【ヒブ①】【小児用肺炎球菌①】
生後3ヶ月になったら
【B型肝炎②】【ロタウイルス②】【ヒブ②】【小児用肺炎球菌②】【四種混合①】

と、複雑すぎて自分で管理できそうにもありませんでした(汗

大切な赤ちゃんをVPD(ワクチンで防げる病気)から守るために、接種もれがあっては大変。。。もっとも早く、確実に必要な免疫をつけるためのスケジュールをアプリで管理してもらいます。

子どもの生年月日を入れると、受けるべきワクチンと日程が表示されます。

ワクチン接種の予定日を入力すると、1週間前、前日、当日、翌日のお知らせ通知設定ができて、小児科予約忘れを防ぐことができます。

アカウントを複数登録できるので、兄弟、姉妹がいる親御さんには便利かと思います。

★iPhone版

★Android版

-乳児期- 授乳室・おむつ交換台検索アプリ『ママパパマップ』

子供と初めて電車にのって出かけたのは生後4ヶ月くらいだったでしょうか。
お出かけとなるとまずはその場所に「授乳室とおむつ交換台があるかどうか」
これはもっとも重要なことです。

子供を産むまでは屋内施設に「ベビー休憩室」というものがあるなんて知りもしませんでした。

  • 「授乳室が完全個室」
  • 「電子レンジがある(離乳食やお弁当を温めるため)」
  • 「身長体重計がある」
  • 施設によ手も設備はさまざまですし、子供の成長と合わせて必要な設備も変わってきます。

    このアプリは起動すると、スマホの位置情報をもとに現在地周辺地図が表示されます。もしくは調べたい施設名称を入れて検索することもできます。

    授乳室はピンク色、おむつ替え対応トイレは水色のアイコンでその場所が示されます。
    アイコンをタップすると、施設の名前や写真詳細情報をチェックできます。


    このアプリのおかげで子どもとのお出かけを楽しく過ごすことができました。

    ★iPhone版

    ★Android版

    さいごに

    育児中はやることがてんこ盛り、常に時間が足りません。
    今日ご紹介したアプリなど使って快適な子育てライフをお送りくださいね。

    コメント