おもてなしの企業の社員が、ネパール人をおもてなししてみた!

おもてなしの企業の社員が、ネパール人をおもてなししてみた!

まだまだ寒さが続いています。
みなさん風邪なんかひいていませんか?
こんな寒い季節は、自宅でゆったりとした時間を過ごしたいですね!

しか~し、そこはショーケース・ティービー男子。
ただでさえデスクワーク過多な日常を過ごしているだけに、休日までインドア派を気取っていたのでは体調も崩しかねません。「マウスを捨てよ町へ出よう」の精神ですっ!

ただ街ブラをbitWaveでご紹介しても仕方がありませんので、ショーケース・ティービーの企業理念である “おもてなし” を実践してみることにしました。
<参照:ショーケース・ティービー コーポレートサイト『企業理念』>

多国籍化しているショーケース・ティービーの唯一のネパール人「ナラやん(以下、ネパール人)」に、日本流の “おもてなし” を体験してもらいました。
果たしてネパール人エンジニアに ”日本人のこころ” をしっかりと伝えることができるのでしょうか?

ネパール人へのおもてなし①:ごはんで腹いっぱいにさせてみた

“おもてなし” 決行当日、千葉県市川市の妙典駅にてネパール人と合流します。
13時に待ち合わせに対し、少し早めの12時45分に到着。遅れること5分、12時50分頃にネパール人も到着しました。
普段も遅刻をしないネパール人だけあって、プライベートでも優秀です!

さすが礼儀正しいヒンズー教徒、「ナマステ~」で登場してくれました。ただ、笑顔が一切ないのが不安なところ……

今回の “おもてなし” の旅の最終目的地は「天然温泉 法典の湯」。
最寄り駅は船橋法典駅になります。

それではなぜ、集合場所にあえて妙典駅をチョイスしたかというと……
美味しいつけ麺屋さんに連れて行こうと思ったのがキッカケです。
えぇ、私が食べたかったんですよ!

私は結構なラーメン通なので、ネパール人につけ麺を紹介してみたかったんです。つけ麺を通して日本の食文化を体験してもらい、麺文化を通じてシルクロードの通過地点である遥か故郷を思い出してもらいたかったんです。
えぇ、今思いついた言い訳ですよ!!

<お邪魔したお店>
杏樹亭
営業時間:
[火~土] 11:30~14:30、18:30~21:30
[日・祝] 11:30~14:30
定休日:
毎週月曜日、第三日曜日