とあるLINEクリエイターズスタンプの制作工程と売り上げを聞いてみた

とあるLINEクリエイターズスタンプの制作工程と売り上げを聞いてみた
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

みなさんは『LINE Creators Market』ってご存知でしょうか?

カンタンに説明してしまえば、LINEスタンプを作って販売できるプラットフォームです。
2年前くらいにサービスインしてから、それはもうたくさんのLINEスタンプが発売されました。
なんと、つい最近知り合いがLINEスタンプを作ってみたらしいので話を聞いてみました。

下記URLが知り合いの「Rice Production」が出しているスタンプだそうです。
<参照:LINE STORE『Rice Production』>

ん? ricemanと名前が似ているって?
そいつは奇遇ですね!!

世の中に自分の作品を送り出したいという方もいらっしゃるでしょう。
ちょっとした小遣い稼ぎをしてみたいなという方もいらっしゃるでしょう。

そこで私が「Rice Production」に独占取材!
どのようにしてLINEスタンプを作成・申請したのかを自問自答して聞いてきました!

突撃!“となりのLINEスタンプ作成・申請”

それでは「Rice Production」がどのようにしてLINEスタンプのリリースに至ったのかを説明していきましょう。

手順1:LINEスタンプのガイドラインを確認!

“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる” という言葉もありますが、できれば無駄撃ちも避けたいところ。
運営側が何を良しとし、何を悪しとしているのかを把握しておくに越したことはありません。

はやる気持ちを抑えて、ここは慎重に彼らの指標を確認しておきましょう。
<参照:LINE CREATORS MARKET『制作ガイドライン』>

このガイドラインを見る限りでは、画像に必要なものは以下のようです(2017年2月時)。

  • メイン画像 …… 幅240 × 高240
  • スタンプ画像 …… 幅370 × 高320(最大)
  • トークルームタブ画像 …… 幅96 × 高74

(すべてのサイズはpixelです)
つまり、このサイズを超えてしまうと、どんな図版であれハネられてしまうということですね。。。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。