はじめてのiMovieビデオ編集+無料DVD書き込みソフトに挑戦!

はじめてのiMovieビデオ編集+無料DVD書き込みソフトに挑戦!

突然ですが、我が家のかわいいキッズを撮影するビデオカメラは、防水と決まっています。プール、海、砂場のどろんこを気にせず撮影するためには、防水・防塵は必須機能です。

たとえば、現在は、Everioの型落ちを2万くらいで手に入れて愛用しています。

image10

engadget日本語版より。随分前の記事ですが、一応。
(http://japanese.engadget.com/2014/08/21/everio-gz-r70-4/)

Macで動画を編集する

さて、本日のテーマはこの撮影したデータをMacで編集するということです。
会社も自宅もMac派の私ですが、このビデオに付属のマニュアルによれば、付属の取り込み管理ソフトはWindows対応のみで、

「Macでの利用はWebマニュアルを」と書いてあったので、

Webのほうを見たら、「詳しくはMac付属のiMovieをご確認ください」だと。

image12

なんじゃこりゃ、たらい回しじゃないかい!(●`ε´●)

そこでいろいろネットを探索していると、この手のハンディビデオに採用されて「AVCHD」という規格がなんともMacとの相性が悪く、その解決方法がiMovieで取り込むということらしい。

ここで、AVCHDの規格をおさらいしておこう。

“AVCHD(Advanced Video Codec High Definition, エーブイシーエイチディー)とは、Blu-ray Discのアプリケーションフォーマット「BDMV」を応用し、ハイビジョン映像をビデオカメラで記録するための規格の一つであり、パナソニックとソニーが共有する登録商標(第5011316号)である。”(Wikipediaより)

Macの映像形式は基本的にMOVであり、この互換性のなさが、MacでAVCHDを使う障壁となっていたようだ。

image11

このファイルが、AVCHD。

というわけで数少ない選択肢としてiMovieで取り込むことに。

今回は、義理の弟の結婚式で撮影したデータを編集して1本にしようと思っているのだが、言うほど簡単ではない。
実際にやってみたが、USBでダイレクトに取り込むことができなかった。そこで、一旦、ビデオをSDカード経由でMacにつなぐ。ようやく、iMovieがメディアを認識して、ライブラリに読み込んでくれた!

そのまま、とりあえず、クリップをタイムラインにドラッグ。一旦、読み込んでさえくれたら、さすがのApple。直感的なUIで楽しく作業ができる。

image15

先日出席した結婚式の動画を編集してプレゼントしようと思ったのだが、なかなかデータの取り回しが大変で苦戦!☹;゙゚’ω゚’):

さて、タイトル入れたり、キャプションを入れたり、BGMを入れたりして完成。ここまでは比較的にスムーズにできたが、あれっ!?

「ムービーとして保存」がない!

実は、iMovieは保存という概念がなく、メニューとしては「共有」ということらしい。実際にプロジェクト(ムービークリップを結合した全体)を選択して、「ファイルメニューから共有」を選ぶといろんな選択肢が表示される。ここで「Theater」とはMacで見るときのプレビューのようなもの。

ここからYoutubeに直接アップすることもできる。もちろん、ファイルに書き出して、それをYoutubeに上げる方法もあるのだが、1ステップで済むので楽である。

image13

「共有/ファイル」を選ぶとムービーの形式や圧縮率を選べる。
残念ながらプロ用のソフトのように、コーデックの種類やアスペクト比など細かな設定は一切なし。(初心者向けソフトだから当然といえば当然か)

image04

品質「高」で24分の動画が3.68GB。「最高」を選ぶと、26.9GBに!!画質が良いに越したことはないが、データの取り回しが現実的でない!

ファイルは無事書き出せたのですが、次なる問題が発生!

実は、標準でDVDに書き出せないのです。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
昔、標準でついてきたiDVDなるソフトは現在はなくなっているではないか!
具体的には、現在のOSには入っていないし、AppStoreなどで別途購入することもできないのだ。

そこでネット探索して、なんとかDVDビデオ作成が無料でできるソフトを探すことに。そこで見つかったのが、これ「Burn(ばーーーーーーん)」!(DeepPurpleのあの曲が頭に浮かんできたよ!)

結構、この手のDVD書き込みソフトって、無料といいながら機能制限があったり、目的とするDVD書き込みできなかったりするんですが、こちらは一応、なんの制限もなく機能がフリーで使えるみたい。

実際に作業してみた。Burnで「ビデオ」を選び、映像ファイルをドラッグして、「DVD」「NTSC(日本や米国で使われる映像規格)」を選んでMpeg変換!

image03

本当にこれで無料DVDビデオできるのかな〜。
と思ってたら、完全の書き込みドライブが手元にないや!
残念・・・☹

実際に書き込み、市販のDVDプレイヤーで無事、再生ができたかどうかは次回以降でリポートしたいと思う。では、また。(それにしても映像編集って骨の折れる作業やなヽ(`Д´)ノプンプン

コメント