ぼくたちの失敗|ベテランエンジニア達の若き日の苦悩

ぼくたちの失敗|ベテランエンジニア達の若き日の苦悩

6月半ばを過ぎ、新人エンジニアのみなさんも仕事に慣れてきた頃合いではないでしょうか。
しかし慣れは油断を生み、油断はミスを招くものです。当然、ミスをすれば怒られることもありますよね。

世の中には理不尽なことで怒られてしまうケースもあるでしょうが、大抵の場合は怒られる理由があります。若手が怒られる場合、ミスの内容以上にミスに至るまでの経緯が重要だったりします。
しかし “怒られた” という出来事のインパクトが強すぎて、なかなか「自己反省」に繋がらないといったこともあるのではないでしょうか。
同じ過ちを繰り返さないために「自己反省」はかなり重要です。“怒られた” という事実に囚われ続けるのではなく、しっかりと冷静になった立ち返らなければならないのです。

「はぁ~、自分は怒られてばっかり。先輩のようなエンジニアになれるのだろうか……」
「自分はエンジニアに向いていないのかなぁ……。」
思い悩み込みすぎるのはちょっと待って下さい。早すぎますよ!
先輩たちはアナタたちへの “愛” がなければ怒らないハズです。
先輩たちはアナタたちに “可能性” を感じていなければ怒らないハズです。

そしてそんな先輩たちも最初からベテランだったわけではありません。
みなさんと同じような挫折を味わったからこそ、今があるということを理解しましょう。

ショーケース・ティービーにも若手エンジニアはたくさんいます。表にこそ出さないものの、色んな葛藤があることでしょう。
そしてショーケース・ティービーにもたくさんのベテランエンジニアがいます。彼らだって若い頃は葛藤していました。

今回は社内在籍のベテランエンジニアに「若かりし頃の失敗談」を聞いてみました。
若いアナタと同じような境遇のエンジニアがいるかもしれません。それでもエンジニアを続けて今に至っているわけです。
人によっては封印したい過去や、目に見えないトラウマの要因がそこにあるかもしれませんが、勇気を振り絞って過去の失敗を吐露してもらいました。
ベテランたちの「若かりし頃の失敗談」のご覧いただき、現在悩んでいるアナタの勇気に変えてもらえれば幸いです。

30歳超の社内在籍ベテランエンジニアに聞いてみた

ricemanさんの “失敗”

新人エンジニアの頃、どんなことで怒られましたか?
riceman 「前職では完全な営業マンでした。当時から趣味でプログラミングをしていたのですが、そのプログラミングスキルを上げたいことを優先させてしまい、営業で安請け合いをしてしまったことがあるんです。自分の立場を考えて行動・発言することが大切ですね」
今を悩む若きエンジニアに一言!
riceman 「一言で言ってしまえば “失敗しろ”。成功体験だけでは成長は見込めませんよ!」

■エンジニアキャリア:3.5年(うちショーケース・ティービーに3.5年在籍)

y-matsubaraさんの “失敗”

新人エンジニアの頃、どんなことで怒られましたか?
y-matsubara 「前職の営業マン時代の方がとんでもない “やらかし” をしていますが、エンジニアになってからで言えば、書いたコードをろくに検証をしないで案内してしまったことで、当初の目的をまったく満たしていないプログラムになってしいました。“全然できていない!” と顧客から指摘されてしまったときは相当堪えましたね。自信過剰は良くないですね」
今を悩む若きエンジニアに一言!
y-matsubara 「自分で考えるクセをつければ、不意の対応時に役立つ時が来る!」

あなたにおすすめ

内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
老後のはなし|66歳でプログラミングを始めた猟師... みなさんは自分の老後のことを考えていますか? 老後がハッキリしているのであれば、その老後のために財産をとっておくということも考えることでしょう。しかし、実際にはハッキリしていないため、なかなか老後のことを真剣に考えないというのが、ほと...
『アウトプット』の重要性|オープンソースを公開する!... プログラミングにまつわるスキルのみならず、正常な人間は常に成長したいと願うもの。 成長には「インプット」が重要です。 ただ、みなさんは自分への「インプット」だけを気にしていませんか? 自分の成長に見合ったキャリアを築くのであれば、...
ネット情報収集の味方|「スクレイピングツール」が便利すぎる... みなさんはどのような方法で情報収集をされていますか? 一昔前の情報収集方法は書籍や新聞を掘り起こす作業から入っていました。そのために書店に足を運び……、図書館へと足を運び……。 とにかく相当な労力を費やした時代もあったものです。 ...