わたし的な観点で選ぶTEDベスト5!

わたし的な観点で選ぶTEDベスト5!

こんにちは。未来です。
大学生の時、授業でTEDの存在を知ってから、英語の勉強もかねてよく見ているのですが、今回は今まで見た中でのベスト5を勝手にご紹介します!

わたし的おすすめTED【No.5】

005

小さいお子さんがいる方は、これを見ると小さい頃から語学を学ばせたくなってしまうかもしれません。
パトリシアさんが話しているように、赤ちゃんと大人では言語の習得方法が異なります。
最近では、音声のみで外国語を勉強できるツールがたくさんありますが、実は音声だけでは言語の習得はなかなか難しいのです。

一番驚いたのは、赤ちゃんは周りの人たちの音を聞き分け、理解すべき音のみ統計を取っているという実験結果です。

【No.4】

004

1970年代の伝説的なテニス選手のビリー・ジーン・キング本人が伝えてくれる、当時の女性スポーツ選手の立場や、試合を見た観客への影響を対話形式で伝えています。

女性が活躍することがまだ珍しかった時代で、ひとつの女子スポーツ選手の試合が、かつての女性運動に対して、どんな風に社会に影響したのか当時を振り返りながら伝えてくれています。

【No.3】

003

バスケットボールに限らず、すべての球技は、相手との距離やボールスピードのコントロールを瞬時に頭の中で把握して行っています。

各選手、各瞬間におけるシュート成功率や各瞬間にリバウンドを取る確率が分かると試合の見方が変わります。
プレゼンの中で、実際にラジブ氏たちが再現したNBAでの3点を追い合う映像は、とても興味深いものでした。

私も今週末にプレイするバスケでは、そのあたりを考えながらバスケをしようと思います。

【No.2】

002

「ステルス」という人工知能(AI)の戦闘機の映画を以前観たとき、こんなことが実際に起こるのか、、、なんて考えましたが、すでにAIの技術は想像を超えてそうです。

プレゼンの中で、薬を発見する競技にて、専医学を学んだことがないトロント大のチームが優勝したエピソードがありました。優勝できた理由は、AIの人口知能を使い、たった2週間で新しい薬を発見したというものでした。

医学を全く知らない人が、医療会社を始められる時代なのかもしれません。

【No.1】

001

これは本当に好きなスピーチです。

自分の行動が自分にどう影響するのかということを話しています。
例えば、面接の前など緊張した時には肩も下がり呼吸も浅くなります。そうすると自然に心拍数が上がってくるのですが、こんな時はトイレに行き肩を上げ大きく深呼吸すると気分も上がってきます。

当然のようですが、自分の行動が自分に影響するといつでも意識しておくのが大事なのだと思いました。

以上が、私の好きなTEDスピーチベスト5でした。

ちなみに、字幕を英語に出来るので、専門的な話なので単語が少し難しいですがとても英語の勉強になります。時間のある時に聞いてみてください。

コメント