アメリカ急上昇中!ジュエリーECのBaubleBarがまた成功

アメリカ急上昇中!ジュエリーECのBaubleBarがまた成功

Hello! Yukari Sugamaです。
今週は、ファッションに関連してTechCrunchから2016/01/26の記事、

“Fast Fashion” Jewelry Biz BaubleBar Grabs Another $20 Million
「まるで『ファストファッション』な企業BaubleBarがさらに2000万ドルを手にした。」

を取り上げたいと思います。

前回の記事で、ファッショントレンドの速度がSNSによって速まっていることを取り上げたのですが、今回は現在のトレンドの速さを具体的にを知ることができる記事です(◎-◎;)ビックリ

●BaubleBarの概要について

私もファッション系のアプリは以前特集したようにたくさんあるのですが、
今回はありそうでなかったジュエリーのECサイトBaubleBarについてのピックアップです!

BaubleBarについての企業説明は、
BUYMA(海外ブランド品が買える日本のECサイト)での紹介が分かりやすかったです↓

バウブルバー(Baublebar)

ハーバード大学の経営大学院(MBA)を卒業した、Amy JainとDaniella Yacobovskyの女性二人が2011年に創業。 たった二人で創業した会社は、創業2年に満たない2012年で、年商約11億円と業界関係者はもちろん各種メディアからも注目される急成長を果たしました。 取り扱っているのはこれまで商品が充実していなかった中間価格帯のジュエリーで、インターネット販売のみのブランドとして知られています。 良心的な価格の、本格派ビジュージュエリーコレクションは、TORY BURCHに勤めるELLE Girl大人気ファッションブロガーBlair Eadie(ブレア・イーディ)をはじめ、多くのハリウッドセレブやファッションブロガー愛用ブランドとして知られており、数々の有名ファッション誌やメディアに引っ張りだこのブランドです。

●サイトはどんな感じ?

何やら気になるので、もう記事の前にWebサイトを見てしまいましょう!←

image05

一見普通のおしゃれなオンラインショッピングのようです。
スペシャルなテック感はどこにあるんでしょうか?
商品一覧ページに特別な仕掛けは無さそうです。

TOPページを見ていくと、何やら気になる表示が。

image09

特に真ん中のGet Help
真ん中にあるし、女性が嬉しそうにしているのも何やら気になり、クリックしていくと、

image03

何とメール、チャット、ビデオチャットでおしゃれ指南を受けられるようです!
ジュエリーのスタイリストみたいですね。

●BaubleBarの特徴

ここで(やっと)記事を読んでみると、

“In addition to offering its jewelry for sale on the site, BaubleBar also offers its customers styling help. Shoppers can chat or email the company for help – even by sending in photos of an outfit, video chat to see the pieces live on a person, and track products on Instagram.”

「サイトでジュエリーを販売提供するのに加え、BaubleBarは消費者のスタイリングのお手伝いも行う。購入者は、ヘルプとしてチャットやメールができる。コーデの写真や、一対一でコーデの一部を見えるようにするビデオチャットや、インスタで狙っていた商品を送ったりもできる。」

サイトを使ったことがないユーザが初回購入がしやすくなる、とても便利なサービスかもしれません。

さらなる特徴としては、

“BaubleBar is focused on reacting to current market trends and then delivering product with a faster turnaround than its traditional competitors.
In the past, Jain said that the company’s compressed supply chain could see jewelry going from the design process to sale in as little as four weeks.”

「BaubleBarは、現在のマーケットトレンドに反応して、伝統的な競合よりも速いターンアラウンド(受注から発送までに掛かる時間)で商品を配送することに注力する。
過去には、(共同設立者の)ジェインの話では、この企業によって圧縮したサプライチェイン(材料調達から販売まで)によって、デザインプロセスから販売までわずか4週間でジュエリーが仕上がるという。」

●考察

日本国内のアパレルEコマース市場は約1.3兆円、EC化率(ファッション市場全体に占める割合)は10%弱(2014年 富士経済調べ)ということで、今後もファッションECサイトの伸び率は高いはずです。

ただ、私は日本への到来はすぐには無いのでは、と思います。

なぜなら日本では、高すぎず、大人の女性が身に付けていても恥ずかしくない質の良いアクセサリー通販はたくさんある印象ですし、アクセサリーのパーツ売りをしていて手作りで安価に製作できる貴和製作所などもあるからです。

(もちろん個人的には、是非日本でのローンチを見てみたいという気持ちがあります。)

コメント