ギターエフェクターのあれこれ

ギターエフェクターのあれこれ
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは!!
久しぶりの登場!
はぎです!

私が登場したということはまた音楽についての記事になります。。笑

今回は、普通の人はあまり気にしない、ギタリストの足元!
そう、エフェクターについて書いていこうと思います!
※足元とはギタリストなどがライブなどで使う際のエフェクターたちの通称の呼び方です。

前回はいきなり「MIDI」について記事にしましたが、今回はエフェクターを種類別に分けて、それぞれの特徴や使い方など書いていきたいと思います!

エフェクターとは

音楽にあまり興味のない方にいきなり、エフェクターと言って理解できる人ってそんなにいないと思います。
なのでまずエフェクターとはというところに注目してみます!

エフェクター(effecter)・・・結果またはできごとを起こす人(ここでは人→物と考えます)

辞書を引くと上記のような結果がでてきます。
「結果または出来事」つまりは、「何かに」、「何らかの事象」を起こすということです。

音楽の世界でエフェクターとは「音」に「変化を加える」ということを指します。
エフェクターは多種多様に存在し、それぞれが特徴を持った音などを作り出してくれます。


※画像はBOSSというメーカーのギターエフェクターたちです。

次にギターエフェクターの種類について説明します!

ギターエフェクターの音の種類

まずギターエフェクターには何種類かに分類されます。

  • 1.歪み(ひずみ)系
  • 2.モジュレーション系
  • 3.空間系
  • 4.フィルター系
  • 5.ダイナミクス系
  • 6.ハーモニー系
  • 7.ボリューム系
  • 8.回路系
  • 9.シンセ系
  • 10.アンプ系
  • 11.マルチエフェクター系

大まかに分類しただけでも11系統あります。
さらにその中で種類がいくつかありますので、表にまとめてみました!

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。