グーグル画像検索で世界のグルメ旅行を楽しんでみよう

グーグル画像検索で世界のグルメ旅行を楽しんでみよう

どうもみんなの有作です。

ショーケース・ティービーには様々な国の人が働いてます。

彼ら・彼女らのとちょっとした雑談の中で、各々の郷土料理の話題になりました。とはいえ、口頭レベルではイメージは伝わりません。はたしてどんなものがあり、そして何が有名なんだろう。文字検索ではやはりイメージしきれない部分があるため、画像検索をしてみました(コミュニケーションを図るのも立派な業務ですよ!)。

意外とお国柄が出ていたので、掲載してみようと思います。

日本の場合

日本料理』で検索すると、御膳的なコースがたくさん候補に挙がりました。

image17

全体のイメージから和の印象を感じます。ただし、我々が普段食べている食生活からはかけ離れて、旅館で出される料理のような雰囲気も。
ちなみに『japanese food』で検索すると、カリフォルニア巻だらけになります(笑)。

image22

韓国の場合

次に『韓国料理』で検索してみます。

image24

基本的に赤いですね。まさに国のイメージカラーどおりですね。
そして英語『Korean cuisine』(Korean foodだと食品らしいので。。。)で検索をかけてみると……

image21

さっきまで赤だらけとは異なり、韓国料理の“お通し”的な小皿料理ががたくさん表示されました。微妙にニュアンスが違うのかもしれませんね。

アメリカの場合

アメリカ料理で検索すると、肉、ハンバーガー、肉、ハンバーカーの連続!

image18

そして『American food』で検索してみると……
もうそれでも結果が変わらず(笑)。
普段から英語を公用語とするアメリカ人ですら、“アメリカはハンバーカー”という認識なのでしょうか…。アメリカ以外の英語圏での検索結果がそうさせたと信じたいところです。。。

image23

イタリアの場合

イタリア料理で検索すると温かみのある色合いで、家庭的な料理を想像させるイメージ画像がいっぱい出てきました。

image08

Italian food』で検索してみると。。。さきほどとは異なりレストランで出されるような料理が。雰囲気こそことなりますが、イメージ画像的にはどちらも“美味しそうな”検索結果です。

image05

フランスの場合

フランス料理』で検索すると、それはもう見事な料理がいっぱい表示されましたね。
なんか格式?的ななにかを感じます。

image25

そして『French cuisine』でも検索。それでもやはり様式美です。とはいえ、我々でいう『日本料理』の検索結果同様、フランス人の方々には「普段食わねぇ~よ」ってことなのかもしれません。

image16

イギリスの場合

最後に『イギリス料理』で検索してみます。

image19

さすがイギリス料理。もはやカテゴライズができないレベル。発想力がすごいです。

image27

これはいったい。。。

さて、気を取り直して『British cuisine』でも検索してみましょう。

image20

検索結果下部を見ると、やはり魚の頭を使った料理がいっぱい出てきます。
また、豆系の料理が意外に多いという、新たな発見もありました。

画像検索で様々な国の料理を検索すると、その国のイメージカラーにマッチした料理の他に、新たな発見もできる可能性もあり、予想以上に面白いです(もう一度お伝えしますが、今回の画像検索も重要な“業務”ですよ!)。画像検索からその国のイメージを膨らませて、旅行先を決めてみるのも面白いかもしれませんね。

あんまり深掘りしてマニアックな郷土料理を調べたりすると、日本人的にはノーサンキューな画像も出てくるかもしれませんので、そこは自己責任ということで!

コメント