ショーケース・ティービー初のユーザ会を実施しました。

  • 2017年11月16日
  • by 
ショーケース・ティービー初のユーザ会を実施しました。
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

拝啓 弊社クライアント、ならびにクライアントになっていただくかもしれない皆さまへ
このブログまで到達していただき、ありがとうございます。bitWave編集部の澤田です。

本日は、ショーケース・ティービー初のユーザ会開催のご報告です。

どうしてやることになったの?

「なんか、最近クライアントの満足度が下がっている気がする」
あるコンサルタントの一言から、始まりました。

弊社部門内において、クライアント満足度アンケートで定量・定性調査を行い、それらの結果と現状の売上や解約率を照らし合わせることで、そのコンサルタントの一言が、より重要な問題であることが浮き彫りになってきました。

  • どうしたらいいか?
  • クライアントのロイヤリティをもっと上げるためには、自分たちには何ができるんだろうか?

アンケートの回答の中に答えがあるのかもしれないと、回答内容を確認すると、

1.サービス料金に関すること
2.機能に関すること
3.担当者(=コンサルタント)に関すること
4.担当者以外のサポート対応に関すること

の4つに大別されていました。

そして、コンサル部門としての重要な指標は「解約率の低下」。

「アンケートの回答内容(3.担当者(=コンサルタント)に関すること)」 × 「解約率の低下」 

から導き出せること、それがユーザー会でした。

担当者(=コンサルタント)とクライアントの距離感がもっと縮まっていければ、何かが変わってくるんじゃないか?
もっと距離が縮まれば、もっといろんな声を聴けるようになるんじゃないか?

そんなところから、顧客満足度は上がりだすんじゃないだろうか?
そんな仮説を立て、即実行することが決まったのです。

コンテンツのイチオシは、競合どうしが集まること!

開催が決まったら、次に決めることは「何をやるか?」を決めること。
このコンテンツ部分はとても大事です。

私たちのクライアントということなので、もちろん私たちのサービスについてはご存知です。

テーマはメイン商材である「入力フォーム最適化(EFO=フォームアシスト」)について。

今さら、「EFO(フォームアシスト)とは?」というお話では芸がないので、いかに、クライアントが満足し、滅多に手に入れられないような、私たちならではの知見をお持ち帰りいただけるか?を考えぬきました。

結果、イチオシのコンテンツはこうなりました。

業界ごとにクライアントの競合どうしを集めてしまおう!

きっと、滅多に競合の担当者どうしが会する場ってそうそう無いよね?
競合の担当者どうしが、これまたニッチな「入力フォーム」について、話し合ったりするなんて、なんてレアな場なんだろう。

ちょっとドキドキするけど、参加するも参加しないも、クライアントの選択なので、面白そうだな、と思ってくれる方は来てくれるよね。
これってなんかワクワクしちゃうかも。。。

ということで、第一弾の対象業界は「金融業界」に決まり、5社のクライアントにご参加いただける運びとなりました。

どんなことをやったの!

まず、通常のセミナーのようなユーザ会よりも、参加者のみなさんがリラックスして場にいられるよう、座談会のような場づくりに努めました。

写真のような感じで、簡単なお茶菓子を用意させていただきまして、かつ召し上がりやすいように、お一人ずつ小分けにして提供させていただきました。
(さらには、司会者やプレゼン担当者からも、どんどん食べなはれ、というプッシュも忘れず。。。)

受付時にはお互い社名を明かさないというルールにして、お名前だけは分かるような方法で場を進めます。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。