ジョエルテストについて

ジョエルテストについて

どうも、さむらいです。
直属の上司であり当社CTOであり、今年新たに発足したラボの長が「ジョエルテスト」ってのがあるらしいよ!と嬉々として教えてくれたので、ちょっと調べてみました。

ジョエルテストとは

ジョエル・スポルスキ氏が提唱するソフトウェアの品質を問う 12 個の質問です。回答はYESかNOだけで済み、とってもシンプル。

このテストに10個以上クリアしていれば、ソフトウェアの品質はある程度担保されているといえるとか。

ジョエルテストの中身

ジョエルテストは以下の内容で構成されています。

  1. ソース管理システムを使っているか?
  2. 1オペレーションでビルドを行えるか?
  3. 毎日ビルドを行うか?
  4. 障害票データベースを持っているか?
  5. 新しいコードを書くまえにバグを修正するか?
  6. 更新可能なスケジュール表を持っているか?
  7. 仕様書を持っているか?
  8. プログラマは静かな労働環境にあるか?
  9. 買える範囲で一番良い開発ツールを使っているか?
  10. テスト担当者はいるか?
  11. プログラマを採用するときにコードを書かせるか?
  12. 「廊下での使い勝手テスト」を行っているか?

システムを作ってるところなら当たり前じゃね?的な質問かも知れませんが、わざわざこんなものがあるということは、できていない会社もあるということですね。多くは2〜3点の状態でプログラムを書いているのがほとんどだそうです。

ジョエルテストのおもしろ解説については、有志が翻訳してWEBに掲載しているので、そちらをご参考のこと。

http://japanese.joelonsoftware.com/Articles/TheJoelTest.html

というかそもそもジョエルって誰だよって思った方は以下のリンクもご参考までに。
google検索結果:https://www.google.co.jp/search?q=joeru&oq=joeru+&aqs=chrome..69i57j0l5.757j0j4&sourceid=chrome&es_sm=91&ie=UTF-8#q=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A8%E3%83%AB+%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

当社の点数は?

ショーケースのサービスは JavaScript や PHP がメインの言語で、ビルドが必要なものではないので、一部はまったく当てはまりませんが、それも含めて回答すると以下になりました。

  1. ソース管理システムを使っているか? →YES
  2. 1オペレーションでビルドを行えるか? →不要
  3. 毎日ビルドを行うか? →不要
  4. 障害票データベースを持っているか? →YES
  5. 新しいコードを書くまえにバグを修正するか? →NO
  6. 更新可能なスケジュール表を持っているか? →YES
  7. 仕様書を持っているか? →YES
  8. プログラマは静かな労働環境にあるか? →NO
  9. 買える範囲で一番良い開発ツールを使っているか?→YES
  10. テスト担当者はいるか? →YES
  11. プログラマを採用するときにコードを書かせるか?→NO
  12. 「廊下での使い勝手テスト」を行っているか? →NO

12番の「廊下での使い勝手テスト」はちょっと意味がわかりにくいかと思いますが、要するに何も知らない人を捕まえてプログラムを触ってもらう、というようなテストをしているかということですね。

そして結果を見る限り、なんと10点中6点・・・・ちょっと課題あり!

ちなみにマイクロソフトは12点満点らしいです。さすが。

テスト結果をどう理解するか?

課題があるということは、前向きに考えたらこれから良くなる会社だということだよ。(ノω・)テヘ

ってごまかしても現実は変わらないので、品質管理部としてこのジョエルテストをクリアできる環境を整えるために会社に働きかけていきます!

とりあえず開発部の電話撤去しよう(提案)

コメント