スマホもPCも持たない田舎の両親に孫の写真をガンガン送りたい

スマホもPCも持たない田舎の両親に孫の写真をガンガン送りたい

膨れ上がった写真やビデオデータを送るには?

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか? 子どもがいる人は、どこかに出かけて、ガンガン子どもの写真を撮ったのではないでしょうか? そして、その写真を「遠くに済む田舎の両親に見せたい!」と思った人も少なくないでしょう。

かく言う私も、休日はガンガン、子どもの写真を撮ってます。iPhone、一眼レフ、ビデオカメラの三位一体攻撃で、子どもの休む隙を与えないほどに、撮りまくり! さて、しかし、それらをどうやって田舎の両親に見せるのでしょう?

うちの両親は福岡に住んでますが、PCなし、スマホなし、ネットなしの状態です。スマホを渡してもいいんですが、ガラケーすら使いこなせていない両親がとても使えるとは思えません。誤操作でゲームアプリの広告をクリックしてしまうのがオチです。

シンプルな操作が継続のヒミツ、「レター」

そこで考えました。プリントして送ればいいじゃん!
https://itunes.apple.com/jp/app/reta-zi-gongno-xie-zhenkarendahagakide/id789614903?mt=8

image14

実際に私が毎月使っているレターというアプリは、写真を選ぶだけで、次の月のマンスリーカレンダーを作って印刷してくれ、郵送までやってくれます(1通250円)。ハガキの表面にちょっとしたコメントも入れられます。

あっけないほど、シンプル。でも、だからこそ続けられるんでしょう。今となっては、両親も、レターのカレンダが届かないとイライラするようです。
私は毎月、私と妻の両親宅、そして自分用に3枚送っています。

image16

写真を選ぶだけで、登録された住所に月次カレンダが郵送されます。
写真はうちの息子がペットショップに行ったときの一枚♡

大量データの整理も兼ねるなら「おもいでばこ」

しかし、ガンガン撮影している自分としてはちょっと量的に物足りたいのも事実です。月におそらく100枚上は撮っているはずですから。

そこで、浮かんだのが、バッファロー製の「おもいでばこ」。
この製品は、SDカードやUSB、カメラやビデオをつなげると自動的に新しい撮影データのみを取り込んでくれます。

image15

「おもいでばこ」の公式サイトhttp://omoidebako.jp/about/ より

また、取り込んだデータは撮影日や場所におうじて勝手に整理してくれるすぐれものです。

image18

整理されたデータは、テレビの大画面で楽しむことができます。テレビの操作は専用のリモコンで行いますので、PCやスマホが使えないけど、毎日のようにテレビのリモコンは使っている両親にはピッタリ!

ただし、画像のアップロードだけはローカルあるいはWifiなどのローカルネットでやる必要があります。だから、大量の写真を「おもいでばこ」に取り込んで、両親宅に送って、テレビにつないで(HDMIです、ちなみに)見てくれい、、、ということになります。う〜ん、データのアップデートがちょっと難ありだな。

IoTスタートアップが考えた、今のところベストソリューション!「まごチャンネル」

そんなことを考えていたら、サイバーエージェントのクラウドファンディングMakuakeにどんぴしゃなものが出ていました。その名も「まごチャンネル」!

IoTスタートアップの株式会社チカクが参加しているもので、そのコンセプトはいたってシンプル。
1)実家にセットトップボックスを送る(テレビにつなぐだけ)
2)スマホで写真や動画を撮影
3)自動的に実家のテレビに届いてリモコンで視聴
※新着があることがセットトップボックスのライトでわかります。また、親がその写真をテレビで見たことも通知で確認することができます。

image09

公式サイトよりサービス紹介文。撮影データはいったんクラウドサーバに格納されるため、相手の容量は気にせずガンガン撮影できるようです。

また、特筆すべきはネット環境は不要だということ。セットトップボックス内に通信機能があるからです。「おもいでばこ」同様にテレビのリモコンさえ使えれば、両親に孫の写真を送りまくることができます。

人々の本来的なニーズを満たすことの重要性

最後に1つ。これらのサービスはすべて、大変ユーザ評価が高いです。
Amanzonにおける「おもいでばこ」のレビューはこんな感じ。

image11

レターのAppStorteにおけるカスタマー評価もすこぶる高いです。

一般的にはどんな人気サービスでも、ユーザ評価はそれなりに厳しい意見も多くあるわけなんですが、こういった人の本質的な課題を解決してくれるサービスに出会ったとき、その人の満足度はものすごい高くなるんだろうな〜と思います。

今後の商品開発で心に留めておきたいポイントです。

コメント