スマホ活用のIT系ダイエットで健康的に痩せるぞー!!第3弾

  • 2017年1月30日
  • by 
スマホ活用のIT系ダイエットで健康的に痩せるぞー!!第3弾
■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。

 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ
 → ケータイ乗り換え.com
 → SMARTPHONE STORE

こんにちは。昨年、-10kgのダイエットに成功し、あらためて“食”の大切さを思い知らされたM.Sです。

以前、食事や体重の記録などの健康管理をサポートするアプリやダイエットのIoT化のお話をしました。気になる方は下記の過去記事をご覧ください。
<bitWave関連記事『スマホ活用のIT系ダイエットで健康的に痩せるぞー!!』>
<bitWave関連記事『スマホ活用のIT系ダイエットで健康的に痩せるぞー!!第2弾』>

「ダイエット」や「健康管理」に欠かせない水分補給

「ダイエット」や「健康管理」というキーワードから、みなさんはどんな行動を想像されますか?
ほとんどの方が食事の内容を見直すことや、定期的に運動をすることが思い浮ぶのではないでしょうか。

私がダイエットするために取り組んだこととして、「水を最低1日2リットル飲む」ということを以前の記事でご紹介させていただきました。
水分補給は老廃物の排出を促し、老廃物の排出によって基礎代謝量が高まるので、ダイエットには効果的なのです。

M.Sが選ぶ“水分補給管理アプリ”3選

1日2リットルという目標を掲げたところで、どのくらい飲んだのか毎回正確には覚えていられません。2リットルのボトル1本という分かりやすい目安はあっても、いつも2リットルのボトルを持ち歩くことも現実的ではありません。

そこで水分補給を管理するアプリってあるのかなと調べてみたところ
なんとありました!!

実際に使ってみたアプリを3つご紹介します。

「Waterlogged」
無料
販売元:Day Logger, Inc.

まずアプリ上で1日何リットル飲むか目標を設定し、水を飲んだら飲んだ分だけ記録をしていくだけのシンプルな仕様です。UI自体も洗練されていて、とても分かりやすいのではないでしょうか。
ちなみにスマホを右に傾けたら、画面上のボトルに入っている水も右に傾きました。ちょっとした“遊び心”もあり、楽しく管理できますね。

目標に対して、現在の進捗も一目で分かるので、摂取量のペース配分にも役立ちます

画面を傾けるとホラ、ご覧のとおり。ひっくり返してもこぼれないですよw

いつ、どれだけの量摂取したのかも履歴管理できます.