セミナーレポート「商品・サービスの認知、集客、CVに繋げるスマホ&SNSマーケティング活用」

セミナーレポート「商品・サービスの認知、集客、CVに繋げるスマホ&SNSマーケティング活用」
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

去る7月19日、アライドアーキテクツ株式会社のセミナールームにて、爆発的に増加し続けているスマートフォンユーザへの効果的なアプローチ方法に関するセミナーが開催されました。

本セミナーは三社共催セミナーとなっており、そしてその1社に我々ショーケース・ティービーも含まれています。

  • ショーケース・ティービー 「スマホサイトにおけるユーザビリティ」
  • インクルーズ社 「LINEスタンプ活用による認知拡大施策」
  • アライドアーキテクツ社 「クチコミ活用による認知拡大・信頼性向上施策」

このセミナーにご参加いただいた聴講者の方々以外にも知っていただきたい情報がたくさんありましたので、本ブログを通じてダイジェスト的にご紹介させていただきたく思います。

スマホのユーザビリティ改善によるCVアップ対策とは……

ショーケース・ティービーの講演パートは、eマーケティング事業部・事業部長の倉橋康友が講演させていただきました

まず、三部構成の本セミナー共通のテーマとして挙げられる “スマートフォンの所有率の推移” を紹介。
こちらはみなさまのご想像どおり、地域差や年齢・性別差はあるものの、昨今では爆発的な伸びをデータとして見せています。

ショーケース・ティービーで運営をしているECサイト「Basketgoal.com」においても全体の70%超がスマホユーザ、そして全体の60%がスマホで購入に至っているというのですから、かなりの割合を占めるようになっていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

つまり、言えることはただ一つ。

 Webサイトにおけるスマートフォン対応・施策は超重要!  

その上でこうも伝えております。
「ユーザはスクロールしてくれるもの」という考えは間違い

弊社が提供するサービス「スマートフォン・アナリシス」による計測結果によると、画面の2000px以降は4分の1のユーザにしか閲覧されていないケースが多いとの統計データが集まっているとのこと。
2000pxとはスマホでいうところの1.5画面分ぐらいでしかなく、2000px以上ある箇所に訴求ポイントを表示させたところで、大抵のユーザはそれを閲覧する機会すらないのです。

つまり、『限られたファーストビューの中で、いかに「目的の商品」「売れ筋の商品」「検索」を見せること』が、次のアクションを円滑に行ってもらう上で重要なんですね。

ファーストビューで商品検索性を向上させるツール「スマートリンク」、そして入力支援機能だけではなくレイアウトそのものをスマホ用に最適化できる「フォームアシスト」の紹介もさせていただきました。

LINEスタンプを利用した最新マーケティングとは……

続くインクルーズ社ーの講演パートは、コンテンツ事業本部・部長の森中真氏による講演でした

インクルーズ社と言えば、これまで本bitWave上でも何度かご紹介させていただいたLINEスタンプ「めんトリ」を提供している企業になります。
<bitWave関連記事『“面倒だがとりあえず行こう”|「めんトリ」期間限定店』>
<bitWave関連記事『「めんトリ」が『コンテンツ東京2017』にやってきた!!』>

利用者が増えたことで広告効果が見込めそうなLINEスタンプですが、マーケティングに活用する方法や具体的な手順までは知られていないのが現状です。

しかしこのセミナーでは、こう断言されていました。

 まさに今、LINEスタンプを広告活用すべきである  

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。