ソフトバンク 2018 AQUOS Rを最安値で購入・機種変更する方法

  • 2018年3月27日
  • by 
ソフトバンク 2018 AQUOS Rを最安値で購入・機種変更する方法

ソフトバンクの2018年冬春モデルAQUOS Rはシャープのフラグシップモデルで、Xperia XZ1やGalaxy S8とも遜色のないモデルで、反応速度の早い液晶画面が強みです。そのため、AQUOSシリーズ一筋に使っている人も多いのではないでしょうか?

でも、高性能モデルは価格が高くて機種変更をためらうこともありますよね。そこで今回はAQUOS Rを最安値で機種変更する方法を解説します。

ぜひこの記事を参考に、最安値でAQUOS Rに機種変更してください!

トップ画像引用元:主な特長|AQUOS R|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

1  AQUOS Rを買うといくら?機種代金と月額料金を徹底解説


画像引用元:主な特長|AQUOS R|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

はじめにAQUOS Rの機種代金や機種変更後の利用料金をチェックしましょう。最近は「半額サポート for Android」が始まったこともあり、AQUOS Rの購入から2年後にどうするかによって一番お得な契約が変わります。

1-1  AQUOS Rの機種代金


画像引用元:主な特長|AQUOS R|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

AQUOS Rの機種代金は従来通りの24回払いか、半額サポート for Androidを利用した48回払いから選択します。

【AQUOS Rの機種代金】

※25ヶ月目に機種変更した場合

こうして比較すると、実質負担は通常の24回払いでもかなり安くできますね。半額サポート for Androidを使って2年目に機種変更すればさらにお得です。

半額サポート for Androidのサービス内容


画像引用元:半額サポート for Android | 特集 | モバイル | ソフトバンク

ここで半額サポート for Androidは、無料のオプションサービスで、契約すると機種代金が48回払いになります。そして2年目以降に機種変更する時、今回購入するAQUOS Rをソフトバンクに引き渡すことを条件に、その後の機種代金が免除されます。

つまり、2年ちょうどに機種変更すれば実質負担が半額になるということです。

画像引用元:半額サポート for Android | 特集 | モバイル | ソフトバンク

一方、2年目に機種変更しない方や、次はMNPをするという方は48回目まで支払いが続き、お得になることもなければ損することもありません。また、毎月の機種代金の負担も半額なので、安く長く支払うという方法として使うこともできます。

1-2  AQUOS Rを購入した時の月額料金


画像引用元:AQUOS R | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

続いて、AQUOS Rを購入した場合の月額料金を解説します。ソフトバンクの料金プランは、ずっと前からある「ホワイトプラン」と通話定額のある「スマ放題・スマ放題ライト」から選べます。

他のキャリアは通話定額プラン開始前のプランが選択できなくなっているので、ホワイトプランが現在も選択できるのは一つのメリットでしょう。

なお、スマ放題系のプランは通話量とデータ容量で月額料金が変動します。そこで今回は通話少なめ、データは5GBという一番利用者の多い契約内容で計算します。

【AQUOS Rを購入した時の月額料金比較】

こうして比較すると、ホワイトプラン・スマ放題ライトのどちらを選んでも月額は大きく変わりませんね。

少しでも安く抑えるならホワイトプランですが、通話が増えると通話料が高くなってしまいます。電話が多い方はスマ放題を選んだほうが良いでしょう。

また、データ容量をもっと使う方はスマ放題・スマ放題ライトなら最大50GBのウルトラギガモンスターがあります。

【スマ放題・スマ放題ライトの料金プラン】

ウルトラギガモンスターは、他社の大容量プランよりかなり価格を押さえています。

家にWi-Fiがない方や、外出中に動画を視聴したい方は、AQUOS Rへの機種変更の時に試してみるのも良いかもしれませんね!

AQUOS Rが欲しくなったからソフトバンクオンラインショップで購入する!