タグマネージャーから見るJavaScriptタグのあり方

タグマネージャーから見るJavaScriptタグのあり方
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

弊社サービスの多くは「タグ納品」でお客様企業にご案内させていただいております。
そこでよく感じるのは、多くの企業がタグマネージャーを利用していること。

以前、本bitWaveにて「SPAサービスにおけるタグマネージャーとのコンフリクト」を記事を公開したのですが、今回はさらに掘り下げて、“少しばかりの技術詳細とタグマネージャー対応を念頭においたサービス構築” をテーマに記事を書いてみようと思います。

<bitWave関連記事『サービスが混浴する事のボク的悲劇|SPAのタグ事情』>

どのようなタグマネージャーが普及しているのか

まずは国内でよく見かける主要タグマネージャーを一覧化しました。
みなさんはどれだけ知っていますか?


Google タグマネージャ
提供元:Alphabet (Google)


Yahoo! タグマネージャー
提供元:ヤフー株式会社


TagKnight(タグナイト)
提供元:Fringe81株式会社


UNITAG(ユニタグ)
提供元:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社


エコタグ
提供元:株式会社サイバー・コミュニケーションズ


CA Tag Solution
提供元:株式会社サイバーエージェント


CAMP
提供元:株式会社サイバーエージェント


ADPLAN OT
提供元:株式会社オプト


dynamic tag management
提供元:アドビ システムズ株式会社

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。