ディープラーニングが新種発見!?|AIがコレクションを再分類する

ディープラーニングが新種発見!?|AIがコレクションを再分類する
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

もう夏も終わりですね。

みなさんはセミの抜け殻、どのくらい集めることができましたか?
今年は台風の影響もあってか、そんなにコレクションもはかどらなかったのではないでしょうか。

えっ!? 集めてない?
何を言っているんですか、男の子なら収集癖は当たり前のことでしょ?

ちなみに私はセミの抜け殻を集めていませんが、代わりにこんなものを集めています。

部屋が汚いので寄りの画像ではありますが、これはCDラックの一部分。
私の自宅には約2万枚以上のCDがコレクションされています。

収集癖に関心のない嫁からは部屋が狭いとぼやかれつつ、彼女はこう言うのです。
「もっと世のためになるものを集積すればいいのに……」
とはいえ、今さらセミの抜け殻を集めたところで、世の中に貢献できるとも思えません。

ぼんやり、CD盤面に映る自分の顔とニラメッコ十番勝負をしていたところ、ricemanさんからLINEでこんな通知が。
「セミの抜け殻だってバカにはできません。新種発見をAI(人工知能)にさせてみませんか?」
合わせて、こんなURLを紹介してくれたのです。
<参照:TechCrunch Japan『ディープラーニングは、数百年の時を超えて植物標本の中から新種を発見できるかもしれない』>

膨大なデータに紛れた “新種” を探せ!

共有してくれたものはセミの抜け殻でもCDでもなく、植物標本のコレクション。
膨大な標本データは分類しきれるものでもなく、中にはまだ名のない “新種” が紛れているのではないかとされているのだとか。

それを25万個もの植物サンプルを学習させたAI(人工知能)に分類させてしまおうという試みなのです。
現段階で9割の正解率を誇っているのだとか。
この精度が高まれば、AI(人工知能)を用いて未分類と判定されたものは「新種である」可能性がはらんでいるというワケですね。

同一種であっても乾燥・未乾燥の差や成長工程の違いなど、学習しなければならないデータはまだまだあるようですが、その差を埋めることができれば、気候変動による進化・退化の工程も体系的に知ることもでき、その意味はかなり大きいようです。

この試みは化石や動物標本などでも流用することができるでしょう。
「セミの抜け殻」もまんざら無駄でもなさそうです。

世の女性方!
男性の収集癖に理解を示しましょう!! 
新しい発見に繋がる日が来るかもしれませんよ!!!

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】
がお得です。

以下の記事も読まれています。