デジタル派?アナログ派? ハイブリッドなスケジュール管理術

デジタル派?アナログ派? ハイブリッドなスケジュール管理術

昨日、何食べたっけなぁ~。
こんにちは、約みつるです。

最近、物忘れが激しくなってきました。
30年以上も「ムフフ」なことばかりを考えているせいで、脳内ストレージが容量オーバーしているのが原因かもしれません。きっと、「ムフフ」じゃないことから自動削除をしているだけなのかもしれません。

とはいえ、今更「ムフフ」はやめられません。
便利な世の中になったもので、外付けストレージ(スマホや手帳)というツールを活用すれば、脳内を「ムフフ」で満たすことができるというワケです。

そこで今回は私がながらく実践している「ムフフ」…、ではなくスケジュール管理術を公開します!

デジタル&アナログ。それぞれの長所・短所を考える

PCやスマホでスケジュール管理を行う人、手帳による手書き管理を行う人。
人それぞれ好みはあると思います。自分の性格はそう変えられるものではなく、いきなり鞍替えしたところで長続きしない場合がほとんどではないでしょうか?

まずはそれぞれの管理方法の長所を洗い出しで見ましょう。

「デジタル管理」の長所

・共有が容易である
・コピーが容易である
・用途に応じて表示方法を切り替えられる
・定期イベントの入力が容易である
・アラートによる通知設定ができる
・字の汚さは無関係
・検索性の良さ etc……

「アナログ管理」の長所

・通話中にスケジュールが見れないといったことがない
・故障やバッテリーを気にせずに閲覧ができる
・開けば見れる手軽さ
・打ち合わせ中に書き込んでも失礼がない
・手書きの方が覚えていられる
・アイデアを書き起こしやすく
・イラストや図形なども容易に書ける etc……

デジタル管理の長所はアナログ管理の短所であり、アナログ管理の長所はデジタル管理の短所であることがお分かりいただけますでしょうか?

みなさんは「どちらの長所・短所に重きをおくか」で、自分の管理方法を選択しているかと思われます。

デジアナ二重管理は面倒だ。お互いの長所を活かし、短所を補完しあう「ハイブリッド管理術」

「どちらの利便性も捨てがたく、二重管理している」
そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。よほどマメな方ならそれでもいいですが、そんな余裕があるのであれば、「ムフフ」に時間を割いたほうがいいと考えているのは私だけでしょうか?

そこでオススメしたいのが「約みつる流ハイブリッド管理術」です!
手順はいたって簡単!!

まずはPCやスマホにスケジュールを登録。
用途に応じて通知設定を忘れずに!
スケジュールのメモ欄(※Googleカレンダーは説明欄)に任意の数列を記載。
アイデアや備忘録は手帳に記載。
その際、ページ冒頭にPC/スマホで登録した数列の記載を忘れずに。

これだけです。

上記の対応法により、以下のようなメリットが生まれます。

「ハイブリッド管理」の長所

・デジタルの長所である共有&通知が活かせる
・アナログの長所であるアイデア起こし・備忘録記載も容易である
・任意数列の記入によりデジアナ相互検索が可能に

スクリーンショット 2016-02-22 11.32.55

カレンダー画面の検索にて任意数列を入れれば該当スケジュールが表示されるため、手帳からスマホといった逆引きも可能です。当然、服を着たままでも構いません。

なお、任意数列は3桁なら3桁、4桁なら4桁といった統一規格を設けるのがポイント。
「110」と「1101」の両方が存在した場合、「110」と入力した時点で「1101」も引っかかってしまうため、より検索性を高める上で桁数制限は重要になります。

“いいとこ取り”で「ヒラメキ」を増やせ!

おわかりいただけましたでしょうか?

デジタルの強みである共有&通知&閲覧性を活かしつつ、アナログで頭の中を自由に書き起こしてアーカイブ化。考えごとが「ヒラメキ」に変わった時点でみんなに共有すればいいだけです。

ちなみに手帳内の使い方については、弊社副社長著書『頭がよくなる「図解思考」の技術』を参考ください!

以上、今から「ムフフ」を楽しむ約みつるでした。4649

コメント