ドコモのスマホを海外で利用。パケットパック海外オプションを解説!

ドコモのスマホを海外で利用。パケットパック海外オプションを解説!

一昔前は海外で携帯電話を使うと帰国後にビックリするような金額が記載された請求書が送られてくるという噂を良く耳にしました。

今は時代も変わり、携帯電話網は世界中に広がっています。通信網の規格は多様ですが、相互的に利用できる(ローミング)ようになっています。今では、国内で使っている携帯電話を海外持っていって、普通に使えるようになりました

携帯電話を海外に持っていって使うことができるのはありがたいですが、そのかわりビックリするような請求書がくるかも…国内と一緒の使い方しても大丈夫かな…と新たな心配事がわいてきました。

そこで今回はドコモの携帯電話を海外に持っていって使用する際の注意点を紹介します。

海外Wi-Fiレンタルでスマホをネットに接続する方法と注意点

トップ画像引用元:パケットパック海外オプション

ドコモの携帯を海外で使うためには

ドコモの携帯を海外で使うためには国内でしておかなければならないことがあります。忘れて海外に行ってしまうと電話機能もデータ通信もできなくなるので注意しましょう。国内で必ずしておかないといけないことは以下のことです。

  • ドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」の契約
  • 使用している機種が渡航先にて使用可能かの確認

ドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」

画像引用元:ドコモの世界ローミング「WORLD WING」|ドコモ

「WORLD WING」はドコモが提供する国際ローミングサービスです。
ローミング とは、携帯電話やインターネット接続サービス等で、事業者間が提携することで、利用者が契約しているサービス事業者のサービスエリア外であっても、提携先の事業者のエリア内にて、元の事業者と同様のサービスを利用できることをいいます。

簡単にいうと、日本国内で使っているドコモの携帯電話を、電話番号やメールアドレスはそのままに海外でも使うことができるサービスです。「WORLD WING」に申込をしていないと、ドコモの携帯電話を海外で使うことができなくなります。「WORLD WING」は国内にて申し込みが必要で、月額使用料金は無料です。

使っている機種や渡航先の国・地域によって使えるサービスや料金体系が異なるのもポイントです。また、国内とは異なる料金体系であることも注意が必要です。特に、国内では着信時の通話は無料ですが、海外では、国内にかかってきた電話を海外に転送する形になるため、着信時も通話料が必要になるのが大きな違いです。

国内での準備①:「WORLD WING」の申込


「WORLD WING」の申込方法は4通りあります。

  • 携帯電話もしくはパソコンからインターネット上の「ドコモオンライン手続き」から申込
  • ドコモショップ(店舗)にて申込
  • 電話申込(ドコモインフォメーションセンター)
  • 空港にあるドコモワールドカウンターにて申込

「ドコモオンライン手続き」での申込


パソコンおよび携帯電話の「ドコモオンライン手続き」のサイトから申込を行うことができます。申込は画面の案内にしたがえば簡単に行うことができます。申込の際、パソコンの場合は「dアカウント」、携帯電話(spモードおよびiモードでインターネットをしている)の場合は「ネットワーク暗証番号」が必要です。

インターネット上での申込なので受付時間は24時間です。

ドコモショップ(店舗)での申し込み


受付時間は各店舗の営業時間内です。
対面で進めてもらえるため、機器操作に不安な人にも安心です。待ち時間の心配がありますがドコモのサイトから事前に予約しておけば、待ち時間も短縮することができます。申込の際は他の契約変更などと同じように身分証明書(免許証など)が必要です。