ドコモのスマホを海外で利用。パケットパック海外オプションを解説!

ドコモのスマホを海外で利用。パケットパック海外オプションを解説!

電話での申し込み


ドコモインフォメーションセンターへの電話で申込を行うことができます。ドコモインフォメーションセンターへは、ドコモ携帯電話からは(局番なし)151、一般電話からは0120-800-000(携帯電話も可)へ発信し、音声ガイダンスにしたがって申込を行います。なお、一部のIP電話からは接続できないことがあるので注意が必要です。
受付時間は午前9時~午後8時(年中無休)です。

ドコモワールドカウンターでの申込


主要空港に設定されたカウンターで申込を行うことができます。時間が無かったり、忘れていたときには最後の砦になります。

申込カウンターが混んでいると飛行機に間に合わないなんてこともあるので、非常時以外は事前に申込をしておくことをお勧めします。ドコモワールドカウンターが設置されているのは下記の空港(ターミナル)になります。
受付時間は各店舗の営業時間内です。

  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港(国際線ターミナル)
  • 関西国際空港第1ターミナル
  • 中部国際空港(セントレア)
  • ハワイ

「WORLD WING」を契約すると何ができる?

「WORLD WING」を契約すると海外で電話・SMS、データ通信ができるようになります。
電話・SMSについては、「WORLD WING」の契約だけで使えるようになります。
データ通信は海外パケット定額サービスの申込も必要になります(海外に行ってからでも可能)。気がつけば通信料が高額になっていたなんてことにならないためにも定額サービスをお勧めします。定額サービスは下記の2種類があります。

  • パケットパック海外オプション(申込必要)
  • 海外パケ・ホーダイ(申込不要)

海外1dayパケというサービスがありましたが、サービス終了にむけ、新規の申込は終了しています。

パケットパック海外オプション(申込必要)

画像引用元:パケットパック海外オプション|ドコモ

24時間980円の利用料金で、日本で契約しているパケットパックなどのデータ量を使うことができます。国内で「パケット定額サービス」「Xiデータ通信専用プラン」「FOMA定額データプラン」「パケットパック」のいずれかと「WORLD WING」を契約しておく必要があります。

利用するまでは通信料金がかからず、24時間後には自動的にストップするので安心です。また次の日に同じように使いたい場合は、もう一度申込をすれば良いので手軽です。205の国と地域で共通のサービスなので、非常にシンプルです。利用の流れは

  1. データローミングをONにする
  2. ドコモ海外利用アプリまたは専用webサイトにアクセスして利用開始を押す

と簡単です。なお、対象の国・地域外の場合は、画面が赤く表示され、パケット定額サービス外の表示がでます。場所によりますが約1.6円/KBと通信料が高額になるおそれがあるのでお勧めしません。その場合はデータローミングをOFFにしてデータ通信を行わないようにしましょう。

海外パケ・ホーダイ(申込不要)

画像引用元:海外パケ・ホーダイ|ドコモ

海外パケ・ホーダイは、どれだけ使っても速度制限なしの2段階定額です。20万パケット(約24.4MB)までならば、1,980円/日で最大でも2,980円/日で1日使い放題です。この1日というのは渡航先ではなく、日本時間での0時~23時59分59秒になるので注意が必要です。

申込は不要ですが、国内で「パケット定額サービス」「Xiデータ通信専用プラン」「FOMA定額データプラン」「パケットパック」のいずれかと「WORLD WING」を契約しておく必要があります。

spモード(スマートフォン)を使っている場合は、渡航先でデータローミング設定を「ON」にすれば使うことができます。iモードをご利用の方は国内のパケット定額サービスを契約していれば、そのまま使うことができます。1日使わない場合は、データローミングを「OFF」にしておけば、料金はかかりません。