ドコモのiPhone X / 8 乗り換えとMNP(他社)はどっちが得する?

ドコモのiPhone X  / 8 乗り換えとMNP(他社)はどっちが得する?
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

機種代金+月額プラン
月7,360円

ソフトバンクの特徴

ソフトバンクのiPhone 8 64GBの機種代金は94,320円に設定されています。
機種の価格設定自体が割高ですが、その分割引は豊富です。

ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは月額300円で、13ヶ月目以降18ヶ月目までは前倒し手数料が2,000円かかります。
このプログラムは特典利用がない場合最大48ヶ月分が返金されるため、機種変更の予定が決まっていなくても付加しておくことができます。

ソフトバンクの場合48ヶ月の分割を選択した場合4年間ソフトバンクと契約を続けなければ月月割を活かすことができません。
24ヶ月タイプもあるため、状況によってプラン選択を間違わないようにしましょう。

またソフトバンクではiPhone購入キャンペーンを2017年9月から行っており、データ通信1GBプラン加入者のみ月額料金が1,980円になるプランが用意されています。

安くiPhoneを購入したい方にとっては、お得なキャンペーンです。
iPhoneの機種は最新機種であればどれでも対象になっています。MNP、機種変更は不問で利用できます。

ドコモでiPhone8、Xの乗り換え、MNPを考えている場合にお得なのは?

ドコモで機種変更応援プログラムプラスを利用した場合の実質機種代金は、iPhone8 64GBで18,000円台~23,000円です。

auの場合アップグレードプログラムEXを利用して25ヶ月目に機種変更した場合の機種代金は45,720円ですが、通信料金の最安値が1,980円に設定されていることから通信料金1GBまでの場合は安く利用できます。

ソフトバンクで機種変更先取りプログラムを利用すると、機種代金が8,640円まで下がります。

実際の利用料金ではソフトバンクが安く設定されています。auはデータ通信の利用がほとんどない方で25ヶ月目に機種変更する方なら上手く活用できるでしょう。

ドコモは48ヶ月の分割払いが用意されていないことや、25ヶ月目に機種変更をしない場合でも高額な料金を請求されない点が魅力です。
2年縛りで最新iPhoneを利用したいと考えており、その後は下取りに出さないことを考えているならドコモでの乗り換えやMNPは比較的お得と言えます。

そもそも3キャリアともにiPhoneの価格設定が2万円前後違っているため、月額料金の差はそれほどありません。
ドコモはやや月額料金が高額に設定されているため、ドコモを現在使用していてiPhone8、Xへ乗り換えを考えているなら他社へのMNPが最もお得な計算になります。

ドコモへMNPする場合と、新規契約する場合では価格に変化はありません。

1年後~2年後に機種変更を考えているかがポイント

ドコモは13ヶ月目~18ヶ月目までに現機種を下取りに出し機種変更するケースが一番お得です。
機種変更応援プログラムプラスは申し込みをするだけで負担はありませんし、あまり問題ないでしょう。

ソフトバンクやauでは25ヶ月目に機種変更しても最大半額になることから、機種変更の予定が遅い方に向いています。

少し早めに機種変更を行う可能性が高ければ、ドコモを利用しても問題ありません。
また家族まとめて割を利用できる場合は実質負担額が1機種あたり5,000円以上安くなるため、家族で2回線以上申し込む場合はドコモも他社と差がなくなります。

なお割引額的にはiPhone 8 64GBまたはiPhone X 256GBがおすすめです。

ドコモのiPhone Xに乗り換えてMNPで得するための全知識!

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。