プライベートWi-Fiのローカルな使い方

プライベートWi-Fiのローカルな使い方

「アパート」。
独立した住居としてそれぞれが区切られているものの、時としてご近所付き合いが必要となる集合住宅。
普段であれば、そうコミュニケーションを必要としない間柄ですが、もし、お隣さんに何かメッセージを伝える必要がある時、みなさんはどのように伝えますか?

ご近所トラブルを発端とした事件が発生しかねないこのご時世、どのように伝えればいいか、悩まれる方は多いのではないでしょうか。

こんな時のために!!!!
今回はプライベートWi-Fiを使った「近距離クチコミシステム」をご紹介します。

気になる「近距離クチコミシステム」、その使い方とは……

このシステム、なんとインターネット接続不要!!
Wi-Fi用ルーターと、Wi-Fiに接続できる端末持ちなら、誰でも使えますよ~

そして、その気になる使い方とは……
ズバリ、Wi-FiのSSIDを変更するだけ!!!

SSIDを変更すると、以下のようなことができます。

image03

上記画像サンプルが韓国語になっているので、翻訳すると……
「604号室は恥を知れ~」
「604号室、 うるさすぎる」
「604号室 、騒音のラストボス」
( ^ω^)・・・;;;; この辺にしておきますか。

このようにWi-FiのSSIDを利用すると、無記名でご近所さんと口コミや情報交流ができるようになります!!
………………………はっくしょん (>o<) ※決して筆者が世の中の604号室に住まれる方をディスっている訳ではありません。  むしろ自分は、全国の604号室の皆様を愛しています。

今後の広がりに注目?

Wi-Fiの仕様向上や、Wi-Fiルーターの性能向上などにより、今後Wi-Fiの通信範囲が広がるかもしれません。その際は、この技で情報交換できる範囲も広がると思うので、さらなるWi-Fiの進化を期待しましょう!

※編集部注:やはり近隣トラブルは管理会社、または大家さんに相談しましょう(笑)

コメント