ベトナムでエジプト!?|Ominext社の5周年記念パーティに潜入してきた<ベトナム見聞録7>

ベトナムでエジプト!?|Ominext社の5周年記念パーティに潜入してきた<ベトナム見聞録7>

Xin chao!
新年あけましておめでとうございます。一カ月近くたって何を今さらって?
ベトナムは旧正月制なので1月26日~2月1日がお正月ウイーク。本記事掲載の1月31日はお正月真っ只中なんですね。
しかし、さむらいは日本の会社の休日に合わせて出勤するので、この期間は自室でお仕事予定です。

ベトナムにおける“新年1発目”の今回は、さむらいが日頃お世話になっているベトナム企業「Ominext」さんの創立記念パーティについてご報告させていただきます!

Ominext JSCさん、創立5周年おめでとうございます。

この見出しですべて察しがつく “出落ち” 感満載なんですけど続けます。。。

去る1月13日(金)、さむらいが普段から無茶なお願いばかりしているOminext社の創立5周年記念パーティが行われました。

5年というものは長いようで、でも過ぎて見ればあっという間だったろうな……。当社がお付き合いを始めてから、早くも1年が経ったんだな……。この調子だと6年、7年なんてあっという間に過ぎるのでは……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
なんて思いながら式典に参加してきました。

とはいっても、前日までの準備を目の当たりにして、当日のMCの日本語進行スピーチはほとんど僕が監修していました。MCを努めたDuy君の緊張を親心にも似た感情で見ていました。

式典の様子がこちらです。

ん……、あれ? 気のせいかな。
「EZYPT」 って書いてあるけど。ここはベトナムですぞ。
ま、まさか・・・・

EZYPT キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
この躍動感よ!

<bitWave関連記事『弊社のバイトが古代エジプト(EZYPT)の王だった件』>
<bitWave関連記事『古代エジプトの君主がどうしても伝えたかったこと。』>

どうして「EZYPT」がOminext社の創立記念パーティでライブしているのか

実はさむらいは発売直後からEZYPTのアルバム『豪華』はかなりお気に入りの一枚として「ピラミッド頂点(※1)」に君臨していました。毎晩聴いても「夜が足りない(※2)」ぐらいです。
しかし、11月にあったリリースパーティは遠く日本の地での出来事。当然ながら、行けるわけもありません。
(※1)アルバム11曲目のタイトル/(※2)アルバム1曲目のタイトル

とにかくライブ見たいなーという思いが「WANAWANA(※3)」と立ち上がり、「MURAMURA(※4)」としていたわけですよ。そんな思いを抱きつつ、式典の1カ月ぐらい前にこんなやりとりが……。
(※3)アルバム9曲目のタイトル/(※4)アルバム10曲目のタイトル

さむらい「ねぇファラオ、今度ベトナムでオミさん(=Ominext社)の5周年記念パーティがあるんだけど、ライブしに来ない?(本当は自分がライブ見たいだけ)」
ファラオ「ええー、ちょっとメンバーに相談して、折り返し連絡しますー」
・・・数日後
ファラオ「チケットの手配してます!」

吉報キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

というやりとりがあったとか、なかったとか。いや、ありましたけど。

そういったわけで、「EZYPT」のライブはオミさんの社員を巻き込んで大変な盛り上がりようで。当日参加されていた日本の他クライアントさんと夕食の会食に行った際も、とっても好評であったことを聞いております。君たちなら世界に打って出られると思う。

というか、このままだと「EZYPT」の紹介記事みたいになってしまうので、気を取り直して本題に戻します。

Ominext JSCさん 5周年記念パーティ

まずは日本語でのチャン社長のスピーチから始まり、参加クライアントによるお祝いの言葉に続きます。こういったところはさすが日本向けのオフショア企業の社長さんです。すべて日本語で話されていました。

その後は再びチャン社長により、2016年総括と2017年、および今後数年の展望を説明されていました。ここはベトナム語でしたが、パワーポイントには日本語での概要も書いてあって、気配りの鬼ですね。ホント。

ベトナム語でのスピーチ中であっても、コミュニケータの方から「これこれこういうことで~」と説明を聞きながらのお話だったので、途中もまったく眠くならず。

またチャン社長は “コミュニケータはとても大変な仕事” とおっしゃられていました。それもそうですよね、クライアントからもエンジニアからもクレームの最初の受け手になるわけですから。それでもみんな気配りもしっかりしているし、本当に素晴らしいメンバーが粒ぞろいですね。

そして途中で流れるビデオの一幕がこちら。

いい絵だねぇ。

この後、各部門からの昨年の総括と今後の展望の発表があり、続いて社員によるパフォーマンスタイムが続きます。

伝統的な美しい踊り。

これらのスピーチやパフォーマンス、そして食事タイムを挟んだ後に、冒頭で紹介した「EZYPT」のライブという流れだったわけなんですね。

終わりに

ひょっとしたら「EZYPT」ライブの前だったかもしれませんが、5周年記念ケーキのロウソクをチャン社長、ホンCTO、ヴァン副社長の3人で吹き消していました。

会場は結婚式にも使われるような大きなホールだったのですが、日本の企業5周年記念パーティでもここまで大きな会場は借りないんじゃないかと思います。
社員+来賓でおよそ200人ぐらいはいたので、そもそも大きな会場でないと入らないのかもしれないですね。

オミネクストさん主催のパーティは、“全員が主役” という感じでとてもよい雰囲気です。日本でよくある司会者しか盛り上がってない的な要素は一切なく、終始全員で楽しみ、終始全員で盛り上げるパーティでした。
こういうところは本当に素晴らしいと思います。若いが故の雰囲気なのかもしれませんね。

この先5年、10年とこういった素敵な会社とずっと関われたらいいなと本当に思いました。
改めて、5周年おめでとうございました!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

では、また。Tam biet!

コメント