ホンダの自立バイクと車用の感情AIが凄い件

ホンダの自立バイクと車用の感情AIが凄い件

AI(人工知能)のニュースが毎日、しかも凄い完成度のものがニュースとして降ってきますね。AIに仕事を奪われそうで、ビクビクしながら最新情報を探すbitWave編集部です。
今回はCES2017(米・ラスベガス)で行われていた、HONDAの自立バイクと感情AIの紹介についてです。

HONDAが発表した自立バイク「Honda Riding Assist」

CES2017で登場したこのバイク、非常に評判が良く注目の一つでもありました。ネットでは「バイクの楽しみを1つ奪った」とかネガティブな意見もありましたが、まーーあれです。数十年前「オートマがドライビングの楽しみを奪った」と言われましたが、いまやカジュアルなドライブにはオートマが必須ですよね。

“ 今回、Honda Riding Assistは、公式アワードパートナー「Engadget」が主催するBest of CES2017の「Best Innovation」「Best Automotive Technology」を受賞。また、米「Popular Mechanics」誌が主催するBest of CESの「Editors’ Choice Awards」も受賞した。” 引用:Car Watch

さて、このバイク、基本性能はASIMOの2足歩行で培った、バランス制御技術を応用しているようで特に低速走行や駐車場での取り回しなどで実力を発揮するとのこと。
また自動走行と追従モードも搭載。

ご主人様を認識すると

ついてくる

後ろから礼儀正しくついてくる

公共の場所に出る前に右見て左見て安全確認

もはや生物です。かわいい馬!です。バイクというより「馬威駆」って感じです。

感情エンジン付きコミューター「NeuV」

CESでHONDAが注目を集めたもう1つが「感情エンジン」です。名前だけ聞くと渋滞時にイライラしそうなエンジンに感じますが、「感情エンジン」とAIの一般的分類名称で、車のエンジンのことではないようです。

ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートを実施。さらに、ライフスタイルや嗜好を学習し、状況に応じた選択肢の提案を行うなど、ドライバーとモビリティの自然なコミュニケーションを実現するとのこと。引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12510683/

これと上記の自立バイクがドッキングしたら馬の役割は十分果たすわけで、「呼べば寄ってくる」「乗らなくてもついてくる」「おかえりをじっと待つ」なんて完璧できちゃうわけです。こういうのって、発表されてから、だいたい5〜10年で搭載されますから、いまから楽しみです。「嫁」候補、十分あり得るんじゃないかと。。。。(いや、だめだろ)

オーナーが使用しない時には(所有者の)許可を得たうえで、自動運転で移動し、ライドシェアを実施するなど、自動運転技術とAIによって拡がるモビリティの可能性を模索するコンセプトであることも特徴です。

“自動運転で移動し、ライドシェアを実施” このあたり、良いところをついてきてますよね。一人一台から千人千台(千人が千台を共有し、個人所有の概念が薄くなる)への変化って、必ずくると思いますので。

電動バイクや電動自動車なら、乗り捨てたら勝手に充電ステーションに帰っていく。。。夢じゃなくなってきたなー。

コメント