マンガでフレームワーク!?

マンガでフレームワーク!?

“フレームワーク” といえば、普通であれば開発基盤です。
だって、このbitWaveはテックブログを銘打っていますからね。

しかし、私の専門はどちらかと言えば、『ビジネスフレームワーク』です。
『ビジネスフレームワーク』というのは、「3C分析」や「SWOT分析」、「経営分析」のために情報を整理し、的確な戦略を打ち立てるための思考ツールです。

いきなり新刊の宣伝です!

私はショーケース・ティービーの創業者で経営者ですが、ライフワークとしてビジネスパーソンの生産性向上のための本を執筆しています。これまで10冊以上のビジネス書を出してきました。

■『楽しく覚えるQuarkXPress(DTPワークブックシリーズ)』
 (ソフトバンククリエイティブ/1995年8月発行)

■『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』
 (ソフトバンククリエイティブ/2008年11月発行)

■『革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55』
 (ソフトバンククリエイティブ/2009年6月発行)

■『プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術』
 (中経出版/2010年12月)

■『知識ゼロからの仕事がはかどる図解術』
 (幻冬舎/2011年5月発行)

■『ノート・手帳・メモが変わる「絵文字」の技術』
 (中経出版/2011年11月)

■『人生の大問題を図解する!』
 (光文社/2011年12月発行)

■『結果を出して定時に帰る時短仕事術』
 (ソフトバンククリエイティブ/2012年6月発行)

■『すべての勉強は、「図」!でうまくいく: 今までの10倍「記憶力」「思考力」が強くなる』
 (三笠書房/2012年9月発行)

■『トップ1%の人だけが実践している思考の法則』
 (かんき出版/2012年12月発行)

■『トップ1%の人だけが実践している集中力メソッド』
 (かんき出版/2013年9月発行)

■『頭がよくなる「図解思考」の技術』
 (中経出版/2014年1月)

■『たった15分で話がまとまる 図解思考の会議』
 (中経出版/2014年8月)

■『フレームワーク図鑑』
 (メディアファクトリー/2015年3月)

そして先月、新刊をリリースしました。しかも、今回はなんとマンガ!
はい、すいません。宣伝です。(; ・`д・´)だってブログの記事足りないって言うから…)
タイトルは『マンガで身につくフレームワークの使い方がわかる本 生産性が劇的に高まる最強の仕事術』です。(タイトル長すぎ!)