マンダラート|世界の大谷で実証されたその有効性

マンダラート|世界の大谷で実証されたその有効性

これが高校生か。。。大谷翔平選手のマンダラート(Mandal-art)を見た時の衝撃です。あまりに完成し過ぎていて、自分の高校時代が恥ずかしくなるほどに。

マンダラート(Mandal-art)とは

マンダラートは、発想法の一種。紙などに9つのマスを用意し、それを埋めていくという作業ルールを設けることにより、アイデアを整理・外化し、思考を深めていくことができる。今泉浩晃によって1987年に考案された。-Wikipedia

随分前から存在しているんですね。KT法マインドマップは大学〜就職初期に教わったのですが、マンダラートに触れるのは初めて。

大谷選手がマンダラートを使ったのは花巻東高校の佐々木監督の指導によるものだそうです。大谷選手のみならず、チーム全員のマンダラートがあったら、マネジメント面でも効率的かつ適切な指導が可能になりますよね。

最近、球速165kmをマークしましたが、これも「常時160km」を目標にしている恩恵なんだそうです。
https://newspicks.com/news/893396/body

マンダラート(Mandal-art)の作り方


引用:https://newspicks.com/news/893396/body

まず81マスのシートを用意します。中央に入れるのが「達成すべき目標」です。その周辺8マスにKPI(重要業績評価指標/Key Performance Indicators)を入れます。

つまり目標達成するためにはクリアすべき項目です。

このKPIを中心に置いて、さらに、それらを達成するための手段と方法を上げていきます。
KPI=ミニ・ゴールとし「ミニ・ゴールを達成するためのKPIをさらに書き上げていく」感じですね。

ただし全マス埋める必要は無いです。あくまでも目標達成のプロセスを整理するのが重要です。

思考&試行過程が重要

やってみると判るのですが、意外に埋められ無いものです。目標を意識すると、筆が止まります。

・このKPIで本当に目標が達成できるのか?
・KPIを達成する手段は実行可能かつ現実的なものなのか?

この問いかけが、私にとって筆を止める原因となりました。

しかし、これが大事。マンダラート(Mandal-art)を知ってから、さまざまな解説を読んでみましたが総じて言えるのは、マインドマップ同様に考える過程でアイデアを整理することが目的であって、完成させることが目的では無いわけです。

同時に自己目標がいかに漠然としたもので実現手段が明確になっていないかを知る機会にもなります。

事実、大谷選手が設定した「8球団からドラフト1位を受ける」というものは他人の意思も駆け引きもあり、「時速160kmの球を投げる」より遥かに漠たるものです。

が、こうして整理された中には「運」や「人間性」なども含まれており、他人に左右されそうな部分にもKPI設定するところに大谷選手のすごさ、あるいはこの手法のメリットが出ているように感じます。

一気に書き上げるよりも、実践を通じて修正していくことが最も重要なようです。

最後は人間性と達成する力

あくまでも目標設定なので実行しなければ、絵に描いた餅なので、「継続する力」「やり遂げる力」が必要です。

まぁ、当たり前ですね。

大谷選手は漫画に出てくるような熱血野球青年だそうで、超ストイック&自己に厳しいそうです。

とても私には真似できそうもありませんが、マネジメントにも自己の目標達成にも役立ちそうなので、私も実践してまいります。

コメント