マーケティング(s)はどんな花を咲かせたいのでしょう?

マーケティング(s)はどんな花を咲かせたいのでしょう?

拝啓 Webマーケターの方へ
このブログまで到達していただき、ありがとうございます。本日は、こっそり情報収集家の澤田が記事を担当します。

Season22の今回は、ある日のランチでの「マーケティング」についての会話から始まる「マーケティングの根底」についてを赤裸々にお伝えします。

飽和状態の「マーケティング」ワード、なんとかマーケティング

友人A 「気が付いたらマーケティングっていろんなワードがあるよね」

「いろんなワード?」

友人A 「なんとかマーケティングとか、なにやらマーケティングみたいな。とにかくマーケティングになんでもワードを付け足してる感じ」

「ああ、Webマーケティングとかコンテンツマーケティングとか?」

友人A 「そうそうそう。ちょっと探してみたら本当にたくさんあって。ダイレクトマーケティングとかメールマーケティング、SNSマーケティング、O2Oマーケティング、バイラルマーケティング、動画マーケティング、エリアマーケティング、デ・マーケティング、グリーンマーケティング、B2B(B2C,C2C)マーケティング、データベースマーケティング・・・・・・」

「よくもそんなに探したね」

友人A 「でもここ数年だよね、こんなになんとかマーケティングが出てきたの」

惑わされるなかれ、なんとかマーケティング。

確かに、ここ数年「なんとかマーケティング」がやたらに出回ってきています。
たくさんあるから「マーケティング(s)(複数形)」。

その都度、著名な方が「なんとかマーケティング」のセミナーを開いたり、そのマーケティング施策の費用対効果を上げるためのツールが登場したり、そしてツールの事例や有効活用事例を紹介するカンファレンスが開かれたりと。

ひとつの「なんとかマーケティング」が産声を上げるたびに、お金を生み出す流れが1本、また1本と増えてきています。

よって、世の中のマーケッターの皆さまは、

・今度はいつ新しい「なんとかマーケティング」が産まれるんだろうか?
・それは誰が詳しいのだろうか?
・情報はどこから出てくるんだろうか?
・自分は遅れをとってはいないだろうか?

などと、不安な気持ちに夜も眠れない日々をお過ごしになるのではないでしょうか?

というか、私がそんな感じです(笑)

そんなときには、あまり先ばかり考えないで立ち止まってみましょうか。

種から芽が出た、なんとかマーケティング

数多くある「なんとかマーケティング」、なぜこのようなことばが発生してきたか、「種があって、そこから芽が出てきている」と考えてみましょう。

たとえば、「バイラルマーケティング」。
口コミでウイルスのごとくその商品やサービスが広がっていくマーケティングのことです。

この「バイラルマーケティング」が芽だとすると、どんな種から生まれてきたのでしょうか?(これは私の個人的見解です)

バイラルマーケティングはどんな種?

ここに商品Qがあります。
「この商品Qってなんで知ってるの?」