ユビキタス、覚えていますか?

ユビキタス、覚えていますか?
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

6月のとある日、新宿都庁付近を歩いていた私の目にあるものが飛び込んできました。

街路灯に貼られた緑色の小さなカード ――
そこには『ucode』という文字が書いてありました。

なんだろう、これ。何かスゴい発見をしたかもしれない……。
少し興奮を覚えながらも、何をどうするものか分からず、とりあえずその場を後にしました。

『ucode……』。やはりどうしても気になります。
ネットで調べてみると、2013年4月25日に公開された下記ページがヒットしました。
<参照:東京都・報道資料発表『ucodeNFCタグを活用した歩行者への情報提供を都道新宿副都心四号線で実施』>

スマートフォン……、NFCタグ……。
ふむふむ、『ucode』はITに深く関与しているようですね。
どうやら、NFC対応スマホをかざすと場所情報提供サービスが利用できる。
このリリースはその実証実験実施を発表していたようです。

私とてIT業界に従事している身。これはぜひ参加してみよう!!(実際は興味本位w)

ところでその期間は……?
「平成25年5月1日(水曜)10時00分から5月26日(日曜)24時00分まで」

なぬっ!!!
とっくに実証実験は終わっていますね。しかも古っ!!

とはいえ、せっかくの接点ですし、俄然興味も湧いてきました。
ここはもうちょっと『ucode』について調べるみることにしましょう。

この実証実験で何をやろうとしていたのか

そもそも『ucode』とは何なのでしょうか?

“個々の「モノ」や「場所」などに割り当てられる国際標準規格の識別用番号”
<出典:『ucodeNFCタグを活用した歩行者への情報提供を都道新宿副都心四号線で実施』より抜粋>

つまり、インターネット上のIPや名前解決のような仕組みを実世界の「モノ」や「場所」の識別に使おうという試みなんですね。それでは「NFCタグ」はというと……

“「Near Field Communication」の略。
複数の非接触ICカードの無線通信規格と互換性を持つ国際標準規格”

<出典:『ucodeNFCタグを活用した歩行者への情報提供を都道新宿副都心四号線で実施』より抜粋>

この「NFCタグ」を通じて『ucode』を認識し、専用アプリがサーバとやりとりするといった仕組みのようです。

気になる実証実験の結果は……

ネットでこの『ucode』にまつわる情報を調べてみた限りでは、2012年から2013年前半にかけて一時期な動きはあったものの、それ以降は特に目立ったニュースは確認されませんでした。
つまり、実験の成否はさておき、あまり活かされなかった技術になってしまったようですね。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。