ロボカップサッカー|万国共通スポーツをロボットで

ロボカップサッカー|万国共通スポーツをロボットで

「世界水泳」「世界陸上」と今夏も国際的スポーツイベントが目白押しでしたね。
白熱したスポーツは集中して視聴すると、どうしても身体が動いてしまい、つい運動した気分になってしまいます。

スポーツで汗をかけば健康にもいいですし、チームメイトとの友情も芽生えます。
観戦するにしたって、スポーツを通じて共通の会話も生まれます。
人間形成に役立つスポーツ、もういいことづくめです。

 スポーツは人間活動の特権である!  

この際、そう言い切らせていただきましょうか。

私も「スポーツの秋」に備えて体作りから始めようと、一番の得意スポーツ “寝返り” に勤しもうと横になったところ、紅孔雀さんが私に添い寝しながらこう言うのです。

「スポーツって、人間だけがするものではないですよ……」

彼のオデコに貼られたQRコードを読み取ってみると、未来のスポーツの姿がそこにはあったのです。
<参照:ロボスタ『【ロボカップサッカー】ヒューマノイドリーグのルールと魅力「果てしなく遠い夢に向かって」』

奥深い『ロボカップサッカー』の世界

1992年(25年前!)に発足した「ロボカップ日本委員会」が主催するイベント『ロボカップサッカー』は、世界大会が開催されるようになってから今年で20周年。

ロボティクスの進化により、現在では複数種のリーグが存在し、世界各地で技術者たちがしのぎを削っています。
そして先月7月末、今年のロボカップ世界大会は閉幕しました。
<参照:ロボカップ2017『RoboCup 2017 Nagoya Japan』>

世界規模で愛される『ロボカップサッカー』のリーグは以下の通り細分化されています。

  • 小型リーグ
  • 中型リーグ
  • 4足ロボットリーグ
  • 標準プラットフォームリーグ
  • ヒューマノイドリーグ
  • マイクロロボットリーグ
  • シュミレーションリーグ

小型リーグ

1チーム6台以下で構成される「小型リーグ」は試合球もゴルフボールを使用するなど、その名の通り “小型”。
しかし、そのスピード感や小回りの利く機動性などから、実際のサッカーのように戦術がキモになってくるため、全リーグの中でも一番白熱した試合が多く、ファンが多いのも特徴です。

なお、プレイヤーとなる小型ロボットは人間が操作しておらず、フィールド上に設置されたカメラから計12台のロボットの位置と向きを解析し、両チームに同じデータを提供。その情報を基に、各チームがAIを用いて瞬時に指示を出しているという仕組みです。

■ロボカップサッカー 小型リーグ