上から目線で精神勝利するSEO

上から目線で精神勝利するSEO
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

SEOがGoogleに依存する以上、どんなに頑張ってもGoogleには勝てない。

Googleを騙してやろうとか、使ってやろうなどと考えたところでたかが知れている。
悲しいかな、3歳児が母親にする小さな反抗程度の影響力でしかないのだ。

ブラックハットSEO

『ブラックハットSEO』という言葉をご存知だろうか。

対義語はご想像通りの「ホワイトハットSEO」である。
この『ブラックハットSEO』を活用とする人たちを “ブラックハッター” とか、単に “ブラック” と言ったりもする。

『ブラックハットSEO』とは「いかなる手段(日本の法律の範囲内)を用いても検索順位で上位にする」というものだ。
分かりやすく言えば、「Googleの評価を騙す・Googleのアルゴリズムを逆手に取る」といった行為である。

昔のGoogleはとっても単純でおバカだったから、いとも簡単に騙されてくれていた(※)。
しかし、最近では彼らの更新頻度が非常に早く、かなり賢い。ちょっとした知恵では騙せなくなったのだ。

【※注釈】

自演によるリンクビルディング(リンク集め)は、数年前まで形態を変えながらも主流ではありました。

しかし、最近はその評価も厳しくなっているため、莫大な労力を使って自演リンクを作る行為はほとんど意味を持たなくなりつつあります。

SEOは順位を気にしないことから始める

そもそも俺様が貴重な時間を費やしてコンテンツを作るのだから、上がらないはずがない。
リンクがいらない(※)のであれば、上がるはずである。

【※注釈】

自然なリンクは必要です。良い記事なら引用される可能性が高いので意識しなくて良いのは確かです。

それでも上がらないとしたら、それは……

 Googleがただバカなのである。  

そのように考えてみよう。
きっとコンテンツ作成にも違った楽しみが生まれてくるのではないだろうか?

本音を言えば上記ほど尊大にはなれないのだが、それでもSEOに関してはコンテンツ(HTML構造、CSS、モバイルを含む)の完全性と網羅性、あるいは独創性にのみ考慮すれば、なんとかなる時代(※)になりつつある。

【※注釈】

一時期作者のオーソリティを評価に加えると、Googleが権威を検索結果に明示する方法を取ってましたが、最終的にはやめてしまいました。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。