不要スマホでIoT “監視カメラ”アプリの有益性と恐怖

不要スマホでIoT “監視カメラ”アプリの有益性と恐怖
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

はぁ、うちのネコちゃんはちゃんとゴハンを食べてるのかしら……。
取り乱しました、心配性の約みつるです。

セコムしてますか?
はい、私はしていません。ただし、自宅にガードマン(ネコ)を配備しているので、「セキュリティ対策は万全」と言いたいところですが。。。

現在、我が家では怪現象に悩まされています。
それというのも、私の不在時に決まってソファの継ぎ目に挿してある“おもちゃの猫じゃらし”が必ず引っこ抜かれているのです。

我が家のガードマンは犯行現場を見ているのかもしれませんが、彼は文字を書けないので、警備報告書はいつまでたっても提出してくれません。過去に泥棒に自宅を荒らされ、ゲーム機をゴッソリ持って行かれた身としては、戸締まりがカンペキだったとしても、不安感は拭いきれません。

利用価値の薄れたスマホを再生する
「あんしん監視カメラ」とは

ホームセキュリティ、憧れますよね。
自宅にパソコンやゲーム機、インターホン、そしてデジカメなどのレンズのついた機器がたくさんあるにも関わらず、監視目的のレンズではありません。だからといってホームセキュリティサービスを継続して導入するには懐具合が寂しい限り。

そんな中、素敵なアプリを発見しました。

あんしん監視カメラ
image03
無料
販売元:Masao Itou
リリース:2013/06/19

自宅で“文鎮化”してしまった使われていないスマホに本アプリをインストールし、カメラを起動させておくだけ。撮影データは自動でクラウドにアップロードされるため、遠隔地からブラウザを介して撮影データ履歴を閲覧することができるというものです。

ネットワークを利用したサービスであるため、使わないスマホであったとしてもWi-Fi接続は必要ですが、アプリ自体の難しい設定が皆無です。また、アプリごとにアカウントとそのパスワードを自動生成するため、最低限のセキュリティは担保されています。

撮影データは5秒おきに撮影され、24時間経過で自動削除される仕組み。また、騒音感知機能も付いているため、撮影現場で一定以上の音量が発生した際にアラート表示してくれます。騒音感知機能は鳴いたり吠えたりするペット監視には不向きな機能ですが、用途によってはホームセキュリティ効果も期待できます。

犯人は誰だ!!
実録“あんしん監視カメラ”は見た

さっそく自宅で埃をかぶっていたiPhone3GSに「あんしん監視カメラ」をダウンロードし、撮影開始。
はたしてソファから“おもちゃの猫じゃらし”を引き抜いた大悪党は誰なのでしょうか?

某月某日 08時59分30秒iPhone3GSをセット
某月某日 09時00分25秒約みつる、外出
某月某日 09時05分15秒犯行現場!
image05

さすがにiPhone3GSということもあり画質は非常に粗いのですが、犯行現場の画像を押さえることに成功しました。

ん、これはウチのガードマン(ネコ)じゃないですか!
わずか5分ばかりの撮影時間で目的は達せられましたが、犯人は身近なところにいることが身を持って証明できました。このガードマンは減俸ですね。

このように我が家ではガードマン(ネコ)の仕事ぶりを監視してみましたが、本当に防犯対策やベビーシッター・ホームヘルパーの監視など、用途は無限に考えられます。

得られる安心感と公開している不安感
IoTをビジネス化する際に「あんしん」は必須条件

ここまでメリットだけを羅列してきましたが、セキュリティ上で気になる点もあります。

設定画面にて、遠隔閲覧する際のURLのほか、カメラIDとパスコードが表示されるのですが、これが任意の文字列に変えることができません。「ID/パスワードのリセット」というボタンもあるのですが、それぞれ振り直されるだけの機能になっています。

つまり、アプリ管理者側には丸見えになっている恐れがあるわけです。

先日、一般的な監視カメラにおいて、撮影内容が部外者でも閲覧できてしまうケースがあるというニュースがありました。

この時は設置時のパスワードが未設定だった場合に誰も閲覧できてしまうという、いわば当たり前のことが原因だったわけですが、本アプリにおいては“自動”とはいえパスワードの設定がされるため、「誰でも閲覧」という最悪の事態こそ避けられています。

しかし、最低限のセキュリティは担保されているものの、知らないところで特定の人物に閲覧されてしまう可能性は否めないというわけです。

つまり本アプリの利用には自己責任が伴うということです。

いろんなところでIoT化して便利な世の中にはなりましたが、心置きなくフル活用するにはセキュリティ対策は必須なんですね。

ちなみに、スマホ自体が暗視カメラとしての機能を持ち合わせていないので、妻の不貞行為を覗くためにクローゼットに仕掛けたところで真っ暗な画面が表示されるだけなのであしからず。

以上、自分の不貞行為も気をつけなければならない約みつるでした。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。