世界初でイスラエル発!日本人スタートアップAniwoの挑戦|海外記事Pick Up

世界初でイスラエル発!日本人スタートアップAniwoの挑戦|海外記事Pick Up
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

今回はスローガン社が主催したセミナー「中東の小国をイノベーションの交差点に選んだ”Aniwo” の創業者 Ani Teradaの挑戦」に参加してきたので、Aniwoについて紹介したいと思います。

スローガン社は「才能の最適化」をコンセプトにする会社で、エッジの効いた会社とたくさんつながりのあるヒューマンキャピタル会社です。青山にオフィスがあり、近くのイチョウ並木がとってもきれいでした。

Aniwo社・・・の前に、イスラエル!?!?

200px-ISR_orthographic.svg

イスラエルは日本ではあまり馴染みがありませんが、実は世界的に第二のシリコンバレーとして知られるイノベーション大国なのです。

それを裏付ける証拠として、こんなデータがあります。

・VC投資額は日本の10倍の5000億円

・ベンチャー企業への投資額のGDPに占める割合が、世界第1位
 →2位アメリカに倍の差をつけており、日本の10倍以上とのこと!

・今年のイスラエル企業に対する投資額は、10ヵ月で買収総額1兆円超え!

その背景は、以下の3つ。

1 資源の乏しさに起因する政府の強力なバックアップ

石油や天然ガスなどの資源がないので、研究開発が主要な産業。

産官民が一体となっており、政府の後押しも大きい。(外国投資誘致や税制優遇など)

そういった背景から、子供のうちから「魅力的な事業を立ち上げて、アメリカ有名企業に事業を売って、お金持ちになって投資家になろう!」という発想がスタンダードだとか。
(Aniwo社長インタビュー記事より)

2 複雑な政治的立ち位置

周辺国との関係がとても複雑なので、自国の独立を維持するために軍事力が高い。

軍事力の高さはIT技術の高さに比例する(例えば、インターネットは元来アメリカの軍事技術を転用した)ので、必然的に高い技術力を持つ。

3 優秀な人材

イスラエルはソ連崩壊の際に、優秀な技術者を多く含む多数の移民を受け入れた経緯がある。(財団法人 国際経済交流財団統計資料より)

現在でも、義務教育でコンピュータ言語のC++等によるプログラミングを教えているのだとか!
  

Aniwo社概要

イスラエルの最大ビジネス街テルアビブに拠点を置く、スタートアップと投資家をつなぐプラットフォームをつくる会社です。

320px-TA1011
(写真はテルアビブの街並み)

2014年10年に寺田彼日(あに)氏が学生時代の友人日本人2名と立ち上げた会社で、現地エンジニアやデザイナー3人と運営しています。

余談ですが、デザイナーの方は「Unit 8200というイスラエル国防本部の諜報局で勤務していた」ご経験もあるスーパー腕利きなんだとか!
(このUnit 8200、世界のインテリジェンス専門家が、米国のNSAと並ぶ世界最強の諜報組織だとみなしている クーリエジャポンより)

資本金は💲11万ドルで、サムライインキュベート社より出資を受けている会社です。

Aniwoビジネスモデル

・自社サービスMillion Timesの運営。
・その他現地企業からの依頼で、日本企業の調査代行等。

Million Times   Pitch to the world

自社サービスのMilion Timesは、スタートアップ企業が11スライドで事業を説明し、投資家からの連絡を受けることを可能にするというサービスで、2015年11月末現在300社のスタートアップが登録しているとのこと。

マネタイズに関しては詳細は不明だったが、CEO寺田氏に今後の構想を伺うと、

・登録件数を3,000件へ拡大
・VCや投資家に対するMillion Timesデータベースへのアクセス権の販売
・スタートアップから投資家達にアプローチができる、出会い系のようなメッセージ系サービスへ

とのこと。

印象

米大手企業のイスラエル企業のM&Aは今度も続いていくはず。

数々の成長必至のイスラエル発スタートアップとのコネクションをもつAniwo社。

現時点ではまだまだ成長過程というお話でしたが、イスラエルで起業している日本人はわずか2社ほどしかしかないのだとか!

そしてイスラエルはとっても親日とのこと。

・堅固なビジネスモデルの確立
・目標へのコミット

この2つができれば、Aniwo社はきっと先行者利益を獲得していくと思います!

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。