今さら聞けないオープンソースソフトウェア(OSS)ライセンス ~最低限の知識まとめ

  • 2016年10月27日
  • by 
今さら聞けないオープンソースソフトウェア(OSS)ライセンス ~最低限の知識まとめ
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは。設樂です。

昨今の開発現場では、オープンソースのソフトウェアを組み込んだ開発がよく行われていますね。
イチからプログラムを作らずとも様々な機能を実現できるという点では、ソースが公開され、かつ、無料で使えるオープンソースソフトウェア(ライブラリ)は、使えるととても便利で作業が捗ること間違いありません。

しかし、“オープン”というだけあって、ソースが無償公開されているとはいえ、利用する上での制約は存在します。これらを無視して商用利用した挙句、リリース後にトラブルになってはダメですよね。
そこで今回は、OSSライセンスと制約について、最低限の把握すべき内容についてまとめました。

(※私自身はOSSの専門家ではなく、OSS素人のイチ開発者です。私の見解による記事ですので、あらかじめご了承ください)

OSSライセンスにはどんなものがあるか

世の中にはOSS定義(Open Source Software Definition)に従った、数千ものOSSライセンスが存在します。

「こんなにたくさんあったら覚えられない」と思うかもしれませんが、大丈夫です。
大まかに3種類に分類できるようです。

●GPL (GNU General Public License) 系
●BSD (Berkeley Software Distribution) 系
●MPL (Mozilla Public License) 系

オープンソースとしての制限はGPL系がもっとも厳しく、BSD系が緩い。
MPL系はその中間に位置する、とだけまずは覚えておきましょう。

そもそもの話ですがオープンソースソフトウェアライセンスは、ソフトウェアを再配布することを前提として作成されたライセンスです。
なぜかというと、オープンソースソフトウェアは「オープンソースの定義」に従ったソフトウェアのことであり、この定義には「再配布の自由」が謳われているからです。

では、数あるライセンスごとの「共通点」と「相違点」は、どのようなものなのでしょうか。

<共通点>
●著作権を表示すること

<相違点>
●再配布するソフトウェアのソースコードの公開を必要とする否か
●必要とする場合、公開範囲をどこまでとするか

著作権表示こそ、ライセンス全般において絶対に厳守すべきルールですが、再配布する範囲についての決まりはライセンスごとに異なるんですね。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。