仕事はスポーツだ

仕事はスポーツだ

私はスポーツ観戦が好きです。

野球やサッカーといった国内メジャースポーツはもちろんのこと、ラグビー、アメフト、テニス、バスケ、モータースポーツ、サイクルレース、ウインタースポーツなどなど、とりあえずスポーツと認知されているものはほとんど見ています。
おかげさまで当然ながら「DAZN(ダ・ゾーン)」や「スポナビライブ」は有料(優良?)会員をやらせていただいております。

ただし、今回は「私はスポーツが好きだ!」ということを存分に伝えたいのではありません。
私が伝えたいのはこの一点。

 『仕事はスポーツだ』   

「何言ってんだコイツ…」と思うかもしれませんが、もっと噛み砕いて説明すると……
仕事はスポーツに置き換えやすい ――
仕事をスポーツに例えると分かりやすくなる ――
常日頃、そう考えて仕事をしてきたのです。

それでは、なぜ私が『仕事はスポーツだ』と断言しているのかを説明しましょう。

会社組織を「スポーツ」に例えてみよう

例えば、現在の所属している事業部を一つの野球チームに例えるとします。

事業部長は監督。そのチームを責任をもって主導し、勝利を目指すための方針を掲げる役割です。
事業部の中にある各部署(=グループ)を「野手」「投手」とします。
営業部隊ならば「野手陣」。運用保守部隊ならば「投手陣」。

その各部署にはそれぞれ長(=リーダー)が存在するかと思います。
営業部長なら「打撃コーチ」や「守備走塁コーチ」。そして運用部の部長ならば「投手コーチ」。
その下にマネージャがいるのであれば、部署メンバー(選手)をまとめるキャプテン。

部署メンバーにも色んな個性がありますよね。
では、営業メンバーも野球選手に例えてみましょう。

  • 大型案件を数多く受注する営業マン
  •    → クリーンナップを任せられる主砲

  • アポ獲得数が1日3件を維持し続けている営業マン
  •    → 俊足巧打のリードオフマン

  • 困っている若手社員の頼りになるベテラン営業
  •    → 代打の神様

  • 顧客要望に応じて、多種多様なサービスを的確に提案できる営業マン
  •    → どこでも守れるユーティリティプレーヤー

運用保守メンバーも同様に、野球選手に例えてみることができます。

  • ミスも少なく、顧客サポートも丁寧にこなせるメンバー
  •    → エースピッチャー

  • 技術や知識レベルの高いメンバー
  •    → 技巧派のセットアッパー

  • 難易度が高い案件でも、確実に納品するメンバー
  •    → 絶対的守護神(クローザー)

中にはこんな究極の社員もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • 営業成績も保守運用もハイパフォーマンスでこなす
  •    → 二刀流!

社員数の少ない会社の方や、そもそも野球に詳しくない方にとっては「ナンノコッチャ」かもしれませんが、野球ではない他のスポーツで例えることもできます。
しかし、例えはじめるとキリがなくなるので、それはまた別の機会に……。

このように、複雑で分かりにくい会社組織や仕事の枠組みをスポーツに置き換えてみましょう。
「所属する会社(チーム)は、現在どのような状況なのか」
「その会社(チーム)の方針はどのようなものか」
「この会社(チーム)大きくするために、自分は何をしなければいけないのか」
今まで難しく考えていたことが理解しやすく、そして考えやすくしてくれます。

実際に強豪とされるスポーツチームには、明確な方針やビジョンがあります。
そしてそこに所属する選手たちは、それに沿ったアクションを円滑に実行しているのです。
これを自分の会社や自分自身に置き換え直すことで、自分の働き方や考え方として参考になることも多いのです。

業務の生産性を『セイバーメトリクス』化で計る

そして最近では、この “スポーツへの例え” に新たな取組みを試みようと思っています。
それは『業務の生産性のセイバーメトリクス化』です。

そもそも『セイバーメトリクス』とは何ぞやという話になるでしょう。ウィキペディアによると……

セイバーメトリクス (SABRmetrics, Sabermetrics) とは、
野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法である。

<参照:Wikipedia『セイバーメトリクス』>

野球選手の評価軸は、野手であれば「打率」「本塁打」「打点」「盗塁」、そして投手なら「勝利数」「奪三振数」「セーブ数」などが一般的です。
しかしこれらの “数値化しやすい” 指標だけではなく、様々なプレーやデータを統計学の分野から客観的に分析し評価する手法になります。

メジャーリーグではこの『セイバーメトリクス』を活用した選手分析・評価が主流になりつつあり、日本プロ野球でも取り入れ始めてきています。
スポーツニュースでも打者では「OPS(On-base plus slugging)」という「出塁率」と「長打率」を合せた数値が、そして投手の場合では「QS(Quality Start)」という先発投手が6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内というデータを数値化したものを耳にする機会は増えてきています。

この『セイバーメトリクス』を仕事面でも活用することができるのであれば、業務の生産性を分析できるのと思ったわけです。
これにより、自分の業務目標をもっと明確に設定することができるかもしれませんね。

業務が営業であった場合、「売上目標○○○○円を達成する」といった数値目標が立てやすいかもしれません。
しかし、保守・運用がメイン業務だった場合、明示できる数値が極端に減ってくるのではないでしょうか。

これまでは四苦八苦しながらも数値目標は立てきましたが、判断指標として適正であったのかが不安になることもしばしば。
業務に『セイバーメトリクス』を導入することにより、これまで単体ではあまり目標としては不確実だった数値を活かせるようになることでしょう。

幸運なことに、会社にはさまざまな業務に関する数字のデータがあります。
「従業員数」「業務時間」「コール数」「アポ数」「受注数」「アポ率」「受注率」「案件数」「作業工数」「売上」「利益」「コスト」「UU」「セッション」「PV」「直帰率」「CVR」「CTR」「CPA」……などなど。
このような計測可能なデータが多数あるわけですから、使わない手はありません。

この取り組み自体はまだ始まったばかり。
自分が “人柱” となって、『セイバーメトリクス』化による生産性の向上を図ってみようと思います。
ゆくゆくは、この『セイバーメトリクス』化が会社も認める分析指標の一つになればいいなぁと。

数値目標を立てづらい方は、ぜひ『セイバーメトリクス』化の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

コメント