仕事はスポーツだ

仕事はスポーツだ

私はスポーツ観戦が好きです。

野球やサッカーといった国内メジャースポーツはもちろんのこと、ラグビー、アメフト、テニス、バスケ、モータースポーツ、サイクルレース、ウインタースポーツなどなど、とりあえずスポーツと認知されているものはほとんど見ています。
おかげさまで当然ながら「DAZN(ダ・ゾーン)」や「スポナビライブ」は有料(優良?)会員をやらせていただいております。

ただし、今回は「私はスポーツが好きだ!」ということを存分に伝えたいのではありません。
私が伝えたいのはこの一点。

 『仕事はスポーツだ』   

「何言ってんだコイツ…」と思うかもしれませんが、もっと噛み砕いて説明すると……
仕事はスポーツに置き換えやすい ――
仕事をスポーツに例えると分かりやすくなる ――
常日頃、そう考えて仕事をしてきたのです。

それでは、なぜ私が『仕事はスポーツだ』と断言しているのかを説明しましょう。

会社組織を「スポーツ」に例えてみよう

例えば、現在の所属している事業部を一つの野球チームに例えるとします。

事業部長は監督。そのチームを責任をもって主導し、勝利を目指すための方針を掲げる役割です。
事業部の中にある各部署(=グループ)を「野手」「投手」とします。
営業部隊ならば「野手陣」。運用保守部隊ならば「投手陣」。

その各部署にはそれぞれ長(=リーダー)が存在するかと思います。
営業部長なら「打撃コーチ」や「守備走塁コーチ」。そして運用部の部長ならば「投手コーチ」。
その下にマネージャがいるのであれば、部署メンバー(選手)をまとめるキャプテン。

部署メンバーにも色んな個性がありますよね。
では、営業メンバーも野球選手に例えてみましょう。

  • 大型案件を数多く受注する営業マン
  •    → クリーンナップを任せられる主砲

  • アポ獲得数が1日3件を維持し続けている営業マン
  •    → 俊足巧打のリードオフマン

  • 困っている若手社員の頼りになるベテラン営業
  •    → 代打の神様

  • 顧客要望に応じて、多種多様なサービスを的確に提案できる営業マン
  •    → どこでも守れるユーティリティプレーヤー

運用保守メンバーも同様に、野球選手に例えてみることができます。

  • ミスも少なく、顧客サポートも丁寧にこなせるメンバー
  •    → エースピッチャー

  • 技術や知識レベルの高いメンバー
  •    → 技巧派のセットアッパー

  • 難易度が高い案件でも、確実に納品するメンバー
  •    → 絶対的守護神(クローザー)