仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築

  • 2017年9月25日
  • by 
仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築

最近、サーバ構築を実施する必要がありました。

まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。

今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” にも関わらず、実際に構築する必要に迫られた方々に役立つであろう情報を共有していきたいと思います。

『Ansible』を利用するメリットとは

今回使用するのは「VirtualBox」と「Vagrant」、そして『Ansible』です。

「VirtualBox」は使用しているPCに仮想環境を構築してくれるオラクル社製のフリーソフトであり、「Vagrant」は仮想開発環境の構築ソフトウエアになります。
こちらは過去にbitWaveでも紹介しておりますので、ぜひご参照ください。
<bitWave関連記事『ローカルPCとVirtual Boxの仮想マシンとのネットワーク接続、どうなってる?』>

そして本記事のタイトルにもある『Ansible』とはサーバ構成管理ツールになります。

通常であればサーバが複数台あった場合、そして構築の手順が多い場合は一台ずつ設定を行う必要が出てきてしまいます。
しかし『Ansible』の「Playbook」を使うことにより、例え複数台であっても構築の手順を容易に対応することができるんですね。

なお、今回ご紹介させていただく方法はMacで実践したものですので、予めご了承ください。

必要なソフトウエアをインストールする

“サーバ構築ビギナー” であれば端末もまっさらなハズです。
なので、必要なものをじゃんじゃんインストールしていきましょう。

手順1:「VirtualBox」をインストールする

下記リンクから自分の端末(Windows/Mac)の仕様に合わせ、パッケージをダウンロードしてインストールしましょう。
<参照:Oracle『Downloads –Oracle VM VirtualBox』>

手順2:「Vagrant」をインストールする

下記リンクから「Vagrant」をダウンロードしてインストールしましょう。
<参照:HashiCorp『Download -Vagrant by HashiCorp』>

手順3:「VirtualBox」と「Vagrant」のバージョンを確認する

ターミナルを開くことで、先ほどインストールしたソフトウエアのバージョンをチェックすることができます。

※下記の画像をご参考ください

手順4:「Vagrant」で「CentOS」を立ち上げる

「Vagrant」で「CentOS」を立ち上げ、分かりやすくするためにフォルダを作ってみます。

こんな感じですね。