内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた

  • 2017年8月17日
  • by 
内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。

現在使用しているツールは「HipChat」。
<bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>

ただし、「HipChat」の導入はここ最近の話で、それまでは「Slack」を利用していました。
<bitWave関連記事『コミュニケーションはSlackで!』>

「Slack」から「HipChat」への移行というのは機能的な問題ではなく、利用アカウント数増大に伴うコスト見直し。。。
機能的には「Slack」も十分に満足できるものであり、様々なカスタマイズができることが魅力的でした。
<bitWave関連記事『hubotと戯れてみる #1/#2/#3/#4/#5/#6/#7』>

今回、Slack APIを用いてSlack APPを作成してみました。
その共有を兼ねて、bitWaveでご案内したいと思います。
ちなみにプログラミング自体は「Slash Commands」を使っていますので、そのお手軽さもご理解いただければ。

スラッシュコマンドとは、メッセージボックスに直接コマンドを入力することで機能を実行させる、ショートカット機能です。

Slack では様々なスラッシュコマンドを使うことができます。

<参照:Slackヘルプセンター『スラッシュコマンド』>

Slack APPを作成するに至った経緯

社内には前記のメール誤送信の他、大小様々な課題があります。

私が個人的に不便に感じていたのは、内線電話用の番号の分かりづらさ。
10人を切るような職場であれば、各々が覚えておけばいいだけかもしれませんが、人数が増えてくると割り振られた番号の法則性も破綻をきたし、次第に覚えていられなくなります。

電話を取ってお客様を待たせている間に、内線電話番号表を都度探す……。
これは面倒ですし、何よりも待たせているお客様にも申し訳ないですよね。
そこで、カンタンに内線番号を教えてくれるBotを作れないものかと考えたのがキッカケです。

幸い、ショーケース・ティービーではSlackを使用していた土壌があったので、実際に導入することも容易です。
また、SlackはBotやAPPなどが作成できることも一つのウリでしたので、業務改善を目指して開発着手するに至りました。
なお、「Slash Commands」を使用したのは、わざわざ各チャンネルに招待せずとも使えるであろうという理由です。

Slack APPの開発手順

開発着手までのフローは以下のような感じです。

  • 手順1:Slack APIにAPPを登録する
  • 手順2:APP登録のために必要な「リクエストURL」と「リダイレクトURL」を用意する
  •   →今回は「Heroku(プラットフォームのサービス)」でNode.jsを使用しています

  • 手順3:Slack APIに「リクエストURL」と「リダイレクトURL」を登録
  • 手順4:Slack APPの作成開始!

それではここからは上記手順を一つ一つ解説していきます。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。